着る人の気持ちを変えたり、相手に与える印象をコントロールしたりする洋服の心理効果を研究する「服装心理学 ®」。その第一人者であるパーソナルスタイリスト久野梨沙が、日常生活に役立つ服装心理学の知識をお届けします。

白、黒、紺、茶・・・地味な色の服ばかり買ってしまう人の心理状態とは?

前回の記事では、クローゼットの中につまった洋服が、あなたの内面を表していること、そしてその理由や事例をお話ししました。 今回からはいよいよ、ワードローブと性格・心理状態の関係性を具体的にお話ししていきます。 選ぶ色を見れ> 「白、黒、紺、茶・・・地味な色の服ばかり買ってしまう人の心理状態とは?」の続きを読む

容姿コンプレックスの解消法1〜受け取り方で世界は変わる

前回は、コンプレックスがどんな風にしてできるか、そしてそれが「おしゃれ」に与える影響についてお話ししました。今回からはいよいよ、コンプレックスの解消法をお話ししていきます。 フォースタイルでは、個人スタイリングのご依頼を> 「容姿コンプレックスの解消法1〜受け取り方で世界は変わる」の続きを読む

整理収納の前に知っておきたい、ときめかない服も必要な理由

前回の記事では、家の中のものを減らしたいと思う人が増えていること、そして人気の片付け本の影響を受けて洋服を処分した人が、コーディネートがうまくできなくなってしまうケースが多いことをお話ししました。 他の生活用品では「とき> 「整理収納の前に知っておきたい、ときめかない服も必要な理由」の続きを読む

なぜ「ときめく片付け」が服だとうまくいかないの?

「ものを持たない暮らし」に憧れる人が増えています。一昔前では、高いもの・ブランド物をたくさん持っている人が憧れの対象でしたが、そんな大量消費時代の反動でしょうか、雑誌などのメディアでも、厳選された最小限のものに囲まれて暮> 「なぜ「ときめく片付け」が服だとうまくいかないの?」の続きを読む

洋服から自分を知る

人の心とファッションは、密接に結びついています。 気持ちが盛り上がれば、明るい色や華やかな柄物を着たくなったり、 その逆に、落ち込んでいるときは、自分を守るかのように、暗い色を着たくなったり。 映画にもなった有名な心理学> 「洋服から自分を知る」の続きを読む