Feminine×Youngの顔タイプの男性7の70年代風コーデ【スタイリング添削】

FPSSでは、コーディネートを作る課題が毎回出されます。
その時々に学んだことをテーマに、実際に自分でスタイリングを作っていくことで苦手分野を克服し、
プロとしてのスキルを着実に上げていくことができます。

なんといってもFPSSでスタイリング課題を作成するメリットは、
講師から理論的なフィードバックがもらえること。

どこがどう悪かったのか、どこを直せばより良いスタイリングになるのかを
感覚ではなく理論的に指摘されることで、知識がより深まる仕組みです。

ここでは、パーソナルスタイリストになるまでに、どんな勉強を行っているのか、
講師からどんなアドバイスをもらえるのかの参考にして頂くために
この場所でそのやりとりを公開しています。

在校生・米倉さんのコーディネート作品

こんにちは、在校生の米倉です。
顔パーツ診断Feminine×Youngタイプ7の男性に似合うスタイリングを、1970年代風ファッションをテーマに作成しました。
当時流行した「ヘビーデューティー」をイメージしています。

Feminine×Youngの顔タイプの男性7の70年代風コーデ【Before】

フェミニン要素が多いモデルさんですが、大人っぽい顔パーツも多いため、ハードなアイテムも着こなせると思いこんなスタイリングに。
KELYのリュックやLLビィーンのブーツなど象徴的なアイテムがなく、似たようなもので代用しました。

 

講師・久野よりコーディネートへのアドバイス

講師・久野よりコーディネートへのアドバイス米倉さん、こんにちは!
早速コーディネートに関してアドバイスをしていきますね。

全身をアウトドア系のアイテムで固めているため、「ヘビーデューティー」というテーマには合っているのですが、それが却って古臭い印象の原因となってしまっています。
課題はあくまで「70年代風」の現代ファッションですので、しっかりと今っぽい雰囲気も取り入れていかなければ行けません。

それを踏まえて修正したのが以下です。

Feminine×Youngの顔タイプの男性7の70年代風コーデ【After】

 

今季はアウトドアとスポーツを組み合わせた「ユーティリティ」が流行していますので、それを踏まえ、パンツ、スニーカー、帽子をアウトドアアイテムからスポーツテイストのアイテムにチェンジしました。

ボトムはジョガーパンツ、スニーカーはニット地のランニングシューズ。そして帽子はキャップに変更。
こんな風にスポーツMIXにした方が、アウトドアアイテムも今年らしく見せられます。

修正前後を比べてみましょう。

Feminine×Youngの顔タイプの男性7の70年代風コーデ

ボトムの色自体も、修正前ではアウターとのメリハリが弱かったため、Afterの方が綺麗に見えると思います。

あくまで現代に着るファッションということを忘れずに、テイストの調整を図って下さい。

 

その他の公開コーディネート添削を見る

 

「パーソナルスタイリストの仕事に
興味が出てきた」というあなたへ・・・

メルマガ登録

「ファッションの仕事をしてみたいけど、本当に私がパーソナルスタイリストになれるのかな?」
「アパレル販売員の経験を活かして起業したいけど、パーソナルスタイリストに向いているか不安・・・・・・」

 

そんなお悩みを抱えて、パーソナルスタイリストへの起業になかなか踏み出せずにいませんか?

FPSSでは、あなたの中に眠るパーソナルスタイリスト適性を見つけて、スタイリスト起業につなげるためのノウハウを無料配信しています。

無料メールレッスンのご登録はこちらから!

*印は必須項目です。
Email *
*
*
性別 *
お住まいのエリア *
ファッション業界での勤務経験 *

 

オンラインでおしゃれが学べる月額制サービス
服装心理lab.
6月のテーマは
「高められるものなら高めたい『自信』について考える」

「まずは自分のおしゃれをプロ級に磨きたい」
「FPSSのコーディネート理論を体感したい」

そんなあなたにぴったりなのが、服装心理lab.
おしゃれの”超”基本と服装心理学を学べる月額制サービスです。
週1のメールレッスンと、月1の動画レッスン、そして毎日使える会員専用チャットで、自分のおしゃれをじっくり磨けます。

6月のレッスンテーマは「高められるものなら高めたい『自信』について考える」

おしゃれの目的は、自信を持つため。 特にコロナ禍以降、そう考える人が増えたようです。でも、自信の正体や高め方を知らなければ、いくらおしゃれをがんばっても効果は出づらいもの。

そこで今月のlabでは、「自信」をおしゃれと心理学から解明していきます!

服装心理lab.のご入会はこちらから、「今すぐ参加する」をクリックして下さい


 

Pocket
LINEで送る