【2024年版】パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタント開業ガイド:未経験・低資金で始められる新しいキャリア

目次

1. はじめに:夢の独立開業、実現への第一歩

 

「いつかは自分のビジネスを始めたい」「自分の才能や興味を活かした仕事がしたい」そんな夢を持っている方は多いのではないでしょうか?しかし、開業資金の問題や、ビジネスの不確実性に悩み、踏み出せないでいる方も少なくありません。

 

実は私もそんな1人でした。
2006年に開業しましたが、その前の1〜2年は、開業したいという気持ちと、転職することでキャリアを模索した方が良いのではと言う気持ちの間で揺れ動いていました。
私もいわゆる「カネなし・コネなし」でしたので、とにかく開業資金の面が不安だったんです。

 

しかし、パーソナルスタイリスト(イメージコンサルタント)という職業を知ったことが大きなターニングポイントとなりました。この職業は、低コストで開業できる上に、やりがいも十分。「ファッションで開業するには、自分のブランドを立ち上げるしかない」と考えていた私には、目からウロコの選択肢だったのです。

 

このスクール「for*styleパーソナルスタイリストスクール(FPSS)」では、そんな私の起業時の不安をすべて解消できるようなカリキュラムをご提供しています。

さらに、FPSSで学ぶことで、通常のパーソナルスタイリング・イメージコンサルティングスキルに加えて、心理カウンセリングのスキルも身につけることができます。これにより、クライアントの外見だけでなく、内面からの変化をサポートする、より総合的なサービスを提供できるようになりました。つまり、より稼ぎやすくなった、ということです。

 

この記事では、パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントという職業の魅力や、低コストで開業できる理由、具体的な開業方法、そしてFPSSで学ぶことの独自の価値まで、詳しく解説していきます。

 

あなたの夢への第一歩を、ぜひこの記事から踏み出してみてください。

 

2. パーソナルスタイリスト・
イメージコンサルタントとは

 

仕事内容と魅力

パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントは、クライアントの個性や目的に合わせて、最適なファッションやヘアスタイル、メイクなどをアドバイスする専門家です。単に見た目を変えるだけでなく、クライアントの内面から外見までトータルにプロデュースし、自信や魅力を引き出すことが仕事です。

FPSSで学ぶことで、さらに以下のような付加価値を提供できます。

1心理カウンセリングスキルを活用した深い洞察

単にお客様の見た目の印象を良くするだけでなく、お客様が本当にファッションに求めているものを深いところから引き出すことができるようになります。

2お客様の内面的な変化をサポートする
総合的なアプローチ

おしゃれの悩みが心理面に起因しているとき、見た目の印象だけを変えても結局悩みはそのまま残ってしまいます。
おしゃれを一つのツールとして、それを使って内面の変化を促すような長期的なセラピーを提供することも可能になります。

3ストレスマネジメントや自己肯定感向上などの
心理的サポート

買い物がストレス解消になっていたり、また、ファッションが自信の拠り所になっているケースは多々あります。
このような場合、心理面に考慮してサービスを進めていかなければ、依存的になり悪影響がでることがあります。
しかし心理カウンセリングの知識があるスタイリストが上手に行えば、ファッションを通じて健全に心を支えることもできるようになります。

これらの付加価値をつけることで、単なるパーソナルスタイリングやイメージコンサルタントの仕事に比べて、より深くお客様に寄り添うことができるため、大きなやりがいにつながります。

そんなFPSSを卒業した後のこの仕事の魅力。卒業生はこんなポイントを挙げてくれています。

この仕事の魅力は、以下のようなポイントにあります。

 

  1. クライアントの人生に良い変化をもたらせる
  2. ファッションや美容に関する知識やスキルを活かせる
  3. クリエイティブな仕事ができる
  4. 多様な人々と出会え、人間関係が広がる
  5. 自分のペースで働ける柔軟性がある
  6. 心理学的アプローチを取り入れ、深いレベルでお客様に関われる(FPSS修了者の場合)

この仕事の将来性は? 需要と市場動向

では、この仕事の将来性はどうでしょうか?

近年、自己表現やパーソナルブランディングの重要性が高まっており、パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントの需要は着実に伸びています。

特に以下のような分野で需要が高まっています。

 

  • ビジネスパーソン向けのイメージアップコンサルティング
  • 婚活や転職を控えた方へのスタイリングアドバイス
  • SNS時代に対応したパーソナルブランディング支援
  • 企業研修や講演会での登壇
  • メンタルヘルスケアを含めた総合的なイメージコンサルティング(FPSS修了者の強み)

 

市場規模も拡大傾向にあり、特に心理的アプローチを取り入れたサービスへのニーズが高まっています。FPSSで学ぶことで、この成長市場でより競争力のあるサービスを提供できるということです。

 

3. 開業資金の比較:他業種 vs パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタント

 

一般的には、独立開業っていくらかかる?

一般的に、独立開業には相当の資金が必要だと考えられています。業種にもよりますが、以下のような開業資金が必要になることが多いです。

一般的な開業資金の相場

 

これらの金額には、店舗や事務所の賃貸費、内装工事費、設備購入費、在庫仕入れ費、広告宣伝費などが含まれます。

ではパーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントの開業資金は?

一方、パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントの開業資金は、驚くほど低く抑えることができます。最小限の場合、50万円程度から開業することも可能なんです。

主な初期費用は以下のようなものです。

 

パーソナルスタイリスト・ イメージコンサルタントの 開業資金

 

このように、他の業種と比較して圧倒的に低コストで開業できることがわかります。

 

「ファッションで起業するにはブランドを立ち上げるしかない」と思っていた起業当初の私。そうなると上の画像のように最低でも500万円は必要と言うことに…。試算してみたところ、パーソナルスタイリストの方が圧倒的に低コストではじめられると分かり、とても安心したのを覚えています。

そして実際、ここにあるくらいの低コストで起業は成功しました…!

 

さらに、FPSSで学ぶことで、通常のスタイリングスキルに加えて心理カウンセリングスキルも身につけられるため、初期投資の費用対効果が非常に高いのが特徴です。

 

4. なぜパーソナルスタイリストは低コストで開業できる?

パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントが低コストで開業できる理由は主に以下の3点です。

売る物が「知識とスキル」だから

この仕事で販売する物は、あなたの知識とスキルです。高額な設備や大量の在庫は必要ありません。

最も重要な投資は、自分自身のスキルアップと資格取得にかける費用。つまり、スクールに通うのは、あなたがこれから販売する商品の仕入れに行くのと同じことなんです。何かを仕入れるなら、できるだけクオリティが高く、多くの人に求められそうなものを仕入れたいですよね。

その点、FPSSでは、スタイリングスキルと心理カウンセリングスキルを同時に学べるため、一度の仕入れで幅広いサービスを提供できるスキルを身につけられます。

場所に左右されずにできるから

パーソナルスタイリストやイメージコンサルタントの仕事では、必ずしも専用の店舗や事務所を用意しなければいけないということはありません。

FPSSの卒業生でも、自宅の一室をコンサルティングスペースとして使用したり、提携しているヘアサロンの一角を借りていたり、レンタルスペースを利用したりしている人が多数。

さらに、FPSSでは、オンラインでのカウンセリング技術も学べるため、より柔軟な働き方が可能になります。

小さくはじめることができるから

開業時は必要最小限の設備で始め、徐々に収益を上げながら設備を充実させていくことができます。例えば、初めは基本的なカラー診断ツールだけで始め、後から診断ツールの種類を増やしていくといった具合です。

また、FPSSで学んだ心理カウンセリングスキルは、特別な設備なしで提供できるため、初期投資を抑えながらもサービスの幅を広げることができます。

 

5. 具体的に開業資金として
いくら準備しておけば良い?

では、パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントを目指すのに、FPSSで学ぶ場合には具体的にいくら準備しておけばよいのか、項目毎に見てみましょう。

 

開業資金、いくら必要?

「スキルアップ・資格取得費用」は、FPSSの場合、少し高額かもしれません。それは未経験者向けにアパレルのごく基礎的な知識からスタートし、似合う服の診断を3種類、そして心理カウンセリング…と、本来であれば3〜5つのスクールを掛け持たなければ学べない知識をすべて教えるからです。

しかし、安いスクールに通った結果、そこで得た知識だけでは単価の低いサービスしか出来ずに結局FPSSに入学し直す人も増えていますので、注意が必要です。ここは節約しようとせず、しっかり投資することがお薦めです。

 

また、「オプション項目」は、ビジネスの成長に合わせて徐々に導入することができますから、はじめから絶対に必要な資金ということではありません。

もっと開業コストを抑えるためのヒント

さらに開業コストを抑えるためには、以下のようなことを取り入れるとよいでしょう。

  • 中古のパソコンやカメラを活用する

パソコンやカメラはあればサービスは広がりますが、必ずしも最新型である必要はありません。
FPSSでは在学中にお客様にお渡しするようなレポート作成の課題がたくさん出ますので、その中でどんなスペックがあればよいのか把握できます。
また、講師もパソコンやカメラに強いので、質問するのも◎。

  • 無料のウェブサイトビルダーを使用する

最近は無料で高品質なWEBサイトを作れるサービスが増えています。
FPSSの開業講座では集客に必要なWEBを作るための授業もありますので、どんなサービスがあるかしっかり学べます。

  • SNSを活用し、広告費を抑える

これもFPSSの開業講座で学べる内容です。
今や広告より、SNSでの情報の方が信頼される時代。コストカット目的ではなくとも、SNSの活用は必須です。

  • 初めは自宅をサロンとして使用する

自宅サロンで開業している先輩方もたくさんいますので、インテリアの話などは質問してみても良いかもしれません。きっといろんなアイディアが集まるはず!

  • オンラインツールを活用し、ソフトウェア費用を抑える

チャットツールや資料作成ツールなど、オンライン上には無料で使えるツールがたくさんあります。
FPSSでは授業の中で主要なオンラインツールを使っていきますので、そういったツールが苦手な人でも安心です。

  • FPSSの同窓生ネットワークを活用し、情報交換や相互紹介を行う

カウンセリングに使えるレンタルスペースやお薦めのカフェ、便利なアプリなど、同級生や卒業生同士の情報交換も。ぜひ上手く活用して下さい!
 

6. 利益はどう出す?
初期費用はどれくらいで元が取れる?

パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントで利益を上げるコツ

今や通常のパーソナルスタイリング・イメージコンサルティングサービスはたくさん展開されています。それらに加えて、以下に異なる付加価値をつけられるかが、利益UPのポイント。

FPSSでは、心理カウンセリングのスキルを活かした付加価値の高いサービスを提供することで、卒業生の皆さんが高単価のサービスをできるように指導しています。
具体的には、以下の点がポイントです。

 

1. サービスのバリエーションを広げる

  • 従来のスタイリングサービスに加え、心理カウンセリングを組み合わせた総合的なサービスを作る
  • ストレスマネジメント、自己肯定感向上、対人関係改善などの心理的サポートを含むパッケージを提供する

2. 単価の向上

  • 心理カウンセリングスキルを活かしたサービスは、専門性が上がるのでより高い単価で提供可能
  • クライアントの内面と外面両方をサポートする総合的なアプローチにより、他にほとんどないサービスとなり、付加価値が向上

3. リピート率の向上

  • 深いレベルでのサポートにより、クライアントが定期的にアドバイスを受けたくなる
  • 心理面でのアプローチは一回では完結しないことが多く、定期的なフォローアップセッションの提案がしやすくなる

4. 新規顧客層の開拓

  • 「似合う服の診断だけでは余計に悩んでしまった」など、心理的なサポートを求める新たな顧客層にアプローチ可能
  • 企業研修やグループワークショップなど、新たな収益源も見つかる

典型的な料金設定(FPSS修了者の場合)

それでは、FPSS修了生の場合には、どんな料金設定が一般的なのでしょうか?
ターゲットによって差はあるものの、典型的な設定としては以下のようなイメージです。

 

典型的な価格設定(FPSSスクール修了者の場合)

集客できるまでの期間はどれくらいかかる?

FPSSで学んだスキルを活かし、差別化されたサービスを提供することで、集客にかかる期間がどんどん短くなってきています。

開業講座で指導するマーケティング活動と、心理カウンセリングを含めた総合的なアプローチをアピールすることで、1〜2ヶ月程度で最初の顧客を獲得できることが多いです。

ちょうどお客様へのレポートなどのツールを準備している間に最初のお客様がいらして下さるイメージです。

初期費用の分は、どれくらいで元が取れる?

FPSSで学んだスキルを活かした場合の投資回収期間を試算してみましょう。初期投資額を86万円とし、月に以下のようなサービス提供を行うと仮定します。

 

初期費用の分は、どれくらいで元が取れる?(FPSSスクール修了者の場合)

 

この場合、約2.3ヶ月で初期投資を回収できる計算になります。通常のパーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントと比較して、より短期間での投資回収が可能となります。

ただし、これは平均的な例であり、個人の努力や市場環境によって大きく変動する可能性があります。

しかしいずれにせよ、FPSSで学んだ心理カウンセリングスキルを活かすことで、サービスの付加価値が高まり、より安定した収益を得られる可能性は高まるんです。

7. 低コスト開業を
成功させるためのステップ

まずは「仕入れ」が大事!
スキルアップと資格取得

成功の鍵は、高品質なサービスを提供できる専門知識とスキルです。これは良い商材を仕入れると言うこと。

FPSSでは、パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントに必要な以下のスキルを総合的に習得できます。

  • カラー診断技術
  • 体型や顔立ちの分析とスタイリング手法
  • 心理カウンセリングの基礎
  • ストレスマネジメント技法
  • 自己肯定感向上のアプローチ
  • コミュニケーションスキル
  • ビジネスマナーとクライアント対応
  • 集客技術
  • 事業計画の立案

ネットワーク構築の重要性

開業をするにあたって、人脈はやはり重要な資産です。FPSSで学ぶことで、以下のようなネットワーク構築の機会が得られます。

1. 同業者コミュニティへの参加(FPSS修了生のネットワーク)
2. ファッション関連イベントへの参加
3. SNSを活用した情報発信と交流
4. FPSSの母体の株式会社フォースタイルが提供するインターンシップへの参加
6. FPSS主催のフォローアッププログラムへの参加

マーケティング戦略のポイント

FPSSで学んだスキルを活かした、低コストで効果的なマーケティングを行うためのポイントは以下の通りです。

1. SNSを活用した情報発信(Instagram、Facebook、YouTubeなど)
– スタイリングのビフォーアフター写真に加え、心理的変化も含めたストーリーを発信
2. ブログやYouTubeでの有益なコンテンツ配信
– ファッションのノウハウと心理学的アドバイスを組み合わせたコンテンツの作成
3. 口コミを活用したクライアント紹介プログラムの実施
– 総合的なサービスの満足度が高いため、紹介率の向上が期待できる
4. 地域のイベントやセミナーでの登壇
– ファッションと心理学を組み合わせたユニークなセミナーの開催
5. 他業種とのコラボレーション
– 例:写真スタジオ、ブライダル関連業者、メンタルヘルスケア専門家など
6. オンラインカウンセリングの提供
– 地理的制約を超えたサービス提供が可能

8. よくある質問と回答

 

Q1: 未経験でも始められますか?
A1: はい、FPSSのカリキュラムは未経験者でも基礎から学べる構成になっています。ファッションと心理学の両面からアプローチするため、幅広いバックグラウンドの方が活躍できます。

 

Q2: 副業として始めることは可能ですか?
A2: 可能です。多くの方が副業から始め、徐々に本業に移行していきます。FPSSのカリキュラムは、仕事と両立しながら学べるよう設計されています。

 

Q3: 年齢制限はありますか?
A3: ありません。20代から60代まで幅広い年齢の方が活躍しています。むしろ、人生経験が豊富な方が心理カウンセリングスキルを活かしやすい面もあります。

 

Q4: オンラインでのサービス提供は可能ですか?
A4: 可能です。FPSSではオンライン診断・カウンセリングの技術も学べるため、場所を問わずサービスを提供できます。

 

Q5: 男性でも需要はありますか?
A5: はい、特にビジネスパーソン向けのイメージコンサルティングでは男性コンサルタントの需要も高いです。心理カウンセリングスキルを併せ持つことで、より幅広いニーズに対応できます。

 

Q6: FPSSで学ぶメリットは何ですか?
A6: FPSSでは、通常のスタイリングスキルに加えて心理カウンセリングスキルも学べるため、より付加価値の高いサービスを提供できます。また、卒業後も継続的なサポートやネットワーキングの機会が得られるのも大きな利点です。

 

9. まとめ:夢への第一歩を踏み出そう

 

パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントとしての開業は、低コストで始められ、かつ高い成長可能性性を秘めたキャリアパスです。特にFPSSで学ぶことで、以下のような独自の強みを持つことができます。

1. スタイリングと心理カウンセリングのスキルを併せ持つ、総合的なコンサルタントとしての地位を確立
2. クライアントの内面と外見両方をサポートする、付加価値の高いサービスの提供
3. 多様なニーズに対応できる、柔軟性のあるビジネスモデルの構築
4. 心理学的アプローチを取り入れた、差別化されたマーケティング戦略の展開
5. 幅広いネットワークと継続的な学習機会の獲得

これらの強みを活かすことで、競争の激しい美容・ファッション業界で、独自のポジションを築くことができます。また、心理的サポートの需要が高まっている現代社会において、非常にタイムリーなサービスを提供できる立場にもなれるのです。

FPSSで学び、パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントとして開業することは、あなたの「夢の独立開業」を実現する素晴らしい選択肢となるでしょう。低コストで始められ、かつ高い成長性を持つこの職業は、あなたの才能と情熱を最大限に活かせる場所となるはずです。

今この記事を読んでいるあなたも、ぜひFPSSで学び、新しいキャリアへの第一歩を踏み出してみませんか?きっと、想像以上に充実した未来が待っているはずです。
 

FPSSのLINE公式アカウントで、未経験からスタイリストになるためのノウハウを無料配信!    

2024年8月開講の第17期、残席1つになりました!
今、引く手数多の「服装心理学」を使った深いアドバイスができるスタイリストを目指せます

服装心理学を学び、お客様の心を理解した深いアドバイスができるスタイリストは、パーソナルスタイリングの世界だけでなく、販売スタッフなどアパレル業界にもその活躍の場を広げています。

ファッションを通じて、お客様の役に立てるような一生モノの仕事。その第一歩を一緒に踏み出してみませんか?

8月に開講を控えた第17期はお席の残りが1つになりました。ご入学をお考えの際には、残席状況をお問い合わせ下さい。

for*styleパーソナルスタイリストスクール第17期入門講座 詳細

残席状況のお問い合わせは公式LINEからでも可能です!



執筆者プロフィール

久野 梨沙
久野 梨沙for*styleパーソナルスタイリストスクール代表
株式会社フォースタイル 代表取締役社長/一般社団法日本服装心理学協会 代表理事/跡見学園女子大学 兼任講師/公認心理師

服装心理学®に基づくパーソナルスタイリングの第⼀人者。大学で心理学を研究した後、大手アパレルメーカーの企画職を経てスタイリストに。社団法人日本服装心理学協会の代表として、装いが人の心に与える影響を研究する「服装心理学®」の啓蒙活動にも尽力。自己肯定感を高めるファッションカウンセリングや、服装を用いた印象コントロールに定評がある。著書に「最高にしっくり似合う服選び」(学研プラス)など。
Pocket
LINEで送る