学外会議とシンポジウムを想定したコーディネート【スタイリング添削】

FPSSでは、課題として作ったコーディネートに、講師から細かな添削を受けることができます。その繰り返しで、スタイリストとしての技術が確実に向上し、プロとしての自信もついていく仕組みです。

パーソナルスタイリストになるまでに、どんな勉強を行っているのか、
講師からどんなアドバイスをもらえるのかの参考にして頂くために
この場所でそのやりとりを公開しています。

在校生Sayuriさんのコーディネート作品

こんにちは。
在校生のSayuriです。

入門講座8コマ目「コーディネートの考え方基礎」の授業の課題コーディネートを提出します。

40代後半、大学職員のコーディネートを作ってみました。

学外会議とシンポジウムを想定したコーディネートBefore

学外会議の日はきちんと感を出すために、ジャケットとタイトスカートを選びました。
インナーをパープルにしてシックでありながら少し女性らしい華やかさもプラスしました。

 

学外会議とシンポジウムを想定したコーディネートBefore

こちらは大きなシンポジウムの主催者側としての参加スタイルです。
裏方なので、カーキのインナーと黒のスーツでシックにまとめました。
シャープ感を出すために、三角すい?のネックレスを選びました。

シンポジウム終了後は、懇親会があります。
ネックレスをきゃしゃなクロスに変更し、ひょう柄のクラッチバッグを持つことにしました。

 

講師・久野よりコーディネートへのアドバイス

講師・久野よりコーディネートへのアドバイスSayuriさん、こんにちは!
早速コーディネートに関してアドバイスをしていきますね。


まず一つ目は、アイテムの形のセレクトや、差し色のセレクトもシーンと年齢にふさわしいフォーマル感があって良いですね。
全体的にはよくまとまっているのですが、反面、低明度のアイテムが多いので少し暗い印象も受けます。
ただし、明るくしすぎるとカジュアルになってしまいかねないので、注意が必要です。

 

そこで以下のような修正をしてみました。

学外会議とシンポジウムを想定したコーディネートAfter

まず、ネックレスをパールモチーフに変更。
すべてパールの一連ネックレスにしてしまうとフォーマル度が高まりすぎ、会議と言うよりは式典参加といったスタイリングになってしまいますので、一粒パールに。
白が加わることで、若干ですが顔周りは明るくなります。

 

また、バッグは型押しの質感で余計にハードで重い印象になっていましたので、これをインナーと揃えたパープルにチェンジ。
会議のシーンでバッグがフォーカスされることはあまりないため、ここで差し色を入れておけば、失礼にならず全体を明るく見せることができます。

 

もう一つ注意したいのが、腕時計の質感です。
修正前は、べっ甲風のプラスティックベルトの時計が選ばれていました。これでは、色調は合うものの、質感があまりにカジュアルです。
そこでブラウンの細めのメタルベルトに変更し、きちんと感を他のアイテムと合わせました。

学外会議とシンポジウムを想定したコーディネートAfter

こちらは時計だけをクローズアップした画像です。
向かって左側が修正前に使われていたもの、右側が差し替え例です。
拡大して見てみると、その質感の違いがわかるはずです。こういった細かいところまでしっかり確認しておきましょう。

 

修正前後を比べてみましょう。

学外会議とシンポジウムを想定したコーディネート

バッグが変わっただけで、印象が女性らしく華やかに変わりますね。

 

続いて2つめのコーディネート。

こちらは主催者側にふさわしい控えめなスタイリングで良いと思います。
さらに改善するなら、シンポジウムから懇親会への雰囲気の変え方です。

 

ネックレスを変えても、共にゴールドの小さめモチーフということであまり全体の印象は変わりません。
そこで、ネックレスを以下のようにラリエットに変更してみると・・・

学外会議とシンポジウムを想定したコーディネートAfter

シンポジウム時につけていたアクセサリと大きく雰囲気が違う小物ですので、懇親会らしい華やかさが演出できるようになります。

修正前後を比較して見ると・・・

160123sayu01-coordinate06

日中と夜とで予定が変わる日は、アクセサリーの付け替えだけで雰囲気を変えられればとても便利です。

その時には、少しデザインが変わった程度ではあまり意味がありませんので、アイテムを違うものに変える(今回はネックレス→ラリエット)くらいやらなければ雰囲気は変わりません。

 

練習として、上のスタイリングをラリエットではなく、他のアイテムで雰囲気を変えるとしたら何が考えられるか、別パターンのスタイリングを作成してみて下さい

 

その他の公開コーディネート添削を見る

一般の方向けのパーソナルスタイリングサービスはこちら

 

「パーソナルスタイリストの仕事に
興味が出てきた」というあなたへ・・・

メルマガ登録

「ファッションの仕事をしてみたいけど、本当に私がパーソナルスタイリストになれるのかな?」
「アパレル販売員の経験を活かして起業したいけど、パーソナルスタイリストに向いているか不安・・・・・・」

 

そんなお悩みを抱えて、パーソナルスタイリストへの起業になかなか踏み出せずにいませんか?

FPSSでは、あなたの中に眠るパーソナルスタイリスト適性を見つけて、スタイリスト起業につなげるためのノウハウを無料配信しています。

無料メールレッスンのご登録はこちらから!

*印は必須項目です。
Email *
*
*
性別 *
お住まいのエリア *
ファッション業界での勤務経験 *

オンラインでおしゃれが学べる月額制サービス
服装心理lab.
6月のテーマは
「高められるものなら高めたい『自信』について考える」

「まずは自分のおしゃれをプロ級に磨きたい」
「FPSSのコーディネート理論を体感したい」

そんなあなたにぴったりなのが、服装心理lab.
おしゃれの”超”基本と服装心理学を学べる月額制サービスです。
週1のメールレッスンと、月1の動画レッスン、そして毎日使える会員専用チャットで、自分のおしゃれをじっくり磨けます。

6月のレッスンテーマは「高められるものなら高めたい『自信』について考える」

おしゃれの目的は、自信を持つため。 特にコロナ禍以降、そう考える人が増えたようです。でも、自信の正体や高め方を知らなければ、いくらおしゃれをがんばっても効果は出づらいもの。

そこで今月のlabでは、「自信」をおしゃれと心理学から解明していきます!

服装心理lab.のご入会はこちらから、「今すぐ参加する」をクリックして下さい

Pocket
LINEで送る