肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦【スタイリング添削】

FPSSでは、課題として作ったコーディネートに、講師から細かな添削を受けることができます。その繰り返しで、スタイリストとしての技術が確実に向上し、プロとしての自信もついていく仕組みです。

パーソナルスタイリストになるまでに、どんな勉強を行っているのか、
講師からどんなアドバイスをもらえるのかの参考にして頂くために
この場所でそのやりとりを公開しています。

この作品は、一度提出したものの
着る人の業種やご希望に叶うスタイリングになっていないと講師から指摘され、
作り直したものです。

作り直す前の作品と講評はこちらからご確認下さい

在校生Yさんのコーディネート作品

こんにちは。在学生Yです。

基礎講座8コマ目「体型診断〜V型タイプのアイテム選び・スタイリング」の授業の課題コーディネートを提出します。
 
以下のようなお客様を想定して、1週間分の着回しができるようなワードローブとコーディネートを再度作成しました。
 

年齢は41歳。ようやく子供が手が離れたので、徐々に働き始めたいと思っている。まずは知人の会社で事務員として働くため、そのときに着る服を提案して欲しい。
会社はそこまでかっちりした服装ではなくてもよいとのこと。ただ、最近カジュアルスタイルばかりなので少しきちんとした印象を出すにはどうすればよいか悩んでいる。
また、週末ももっとお出かけをしたいため、その両方に使えるように、1週間に必要な洋服を揃えて欲しい。

 

週7日分の着回しワードローブ

今回使用したアイテムは以下の14点です。
 
肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦
 
そしてコーディネート一覧です。
 
肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦月曜日のコーディネート。

きちんとした印象はジャケット着用で。
ボタンが1つのタイプなのでVゾーンの開きが深くなることで肩幅の広さが解消されます。
さらにロングネックレスでVラインを強調。


 
肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦火曜日のコーディネートです。

かっちりしたスタンドカラーのシャツできちんと感を出し、カーディガンの襟ぐりは丸ではなくV型のものを選びました。
丈も長めにし腰回りのボリュームの無さをカバーしました。


 
肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦水曜日のコーディネートです。

ジャケット2枚目は1枚目同様Vゾーンの開きが深いショールカラータイプ。


 
肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦金曜日のコーディネートです。

スカートはウール素材でやや下半身に重みを出します。


 
肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦土曜日のOFFコーディネートです。

お仕事の日とメリハリをつけるため小物をさらにプラス。
コンパクトなベレータイプなら肩の広がりが目立ちにくいです。


 
肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦日曜日のOFFコーディネートです。

柄物のストールをプラスしアクセサリーを総動員。お出かけ用に華やかさを出しました。
またすべてに使用している靴はエナメル素材で足元に重量感を出しつつ、お子様が手から離れたと言えど家事とお仕事の両立で大変のことと思い、パンプスではなくヒールの低いデザインを選びました。


 

講師・久野よりコーディネートへのアドバイス

講師・久野よりコーディネートへのアドバイスYさん、こんにちは!
早速コーディネートに関してアドバイスをしていきますね。


前回の講評を元に、カジュアルすぎるコーディネートからビジネスにもふさわしいコーディネートにシフトチェンジできましたね。
ただ、シャツばかり選んでしまうなど、やはり選ぶアイテムに偏りが見られること、また、色相も青系に偏っているためアイテムを組み替えても印象が大きく変わらず、着回しの効果が出ていないという改善点もまだ見られます。
 
それを改善したのが、以下の着回しコーディネートです。
 
肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦

 
まず、インナーを一つは丸首のプルオーバーに変更。裾にフリルがついているデザインなので、裾をINしたり出したりでかなり印象が変わります。
ONシーンでは裾をIN、OFFでは裾を出すことで大きく印象が変わり、着回しに貢献します。
 
続いて、紺のドット柄スカートはダークグリーンのスカートに。いくら柄物とはいえ、ネイビーのカーディガンにネイビーのスカートではやはり単調です。
少し色相をずらして緑にするだけで変化が生まれました。
 
さらにジャケットは1種類はVネックニットに変更。このニットはシャツの上に着られ、1枚で着て上からジャケットも着られ、さらに肩に掛けたり腰に巻いたりとファッション小物としても使えます。
アイテムにバリエーションを持たせることで、ここに載せている以上の着回しができるように。
 
最後にアクセサリー類ですが、ネックレスはシルバーに変更。低明度〜中明度の洋服が多い中で、ゴールドのネックレスでは沈んで見えてしまうことと、モチーフの形やテイストが合っていなかったことから、明度の高いシルバーに変更しました。
コーディネートを明るく見せる効果がUP。
そして、ストールの色も変更。
これは、日曜日のスタイリングで、ピアスとネックレスがそれぞれゴールド・シルバーと違う色になってしまったため、ピアスだけが浮かないよう同系色のベージュをストールで取り入れる目的があります。
 
最後に、修正前後を比べてみましょう。
 
肩幅が広いV型体型の女性向け・ON/OFF着回しコーデに再挑戦
 
お客様の生活環境やご要望を叶えつつ、自分が選んだアイテムが、本当にコーディネート数を最大限にすることにつながっているのかを、もう一度しっかり見直すようにして下さい。
 

その他の公開コーディネート添削を見る

一般の方向けのパーソナルスタイリングサービスはこちら

 

「パーソナルスタイリストの仕事に
興味が出てきた」というあなたへ・・・

メルマガ登録

「ファッションの仕事をしてみたいけど、本当に私がパーソナルスタイリストになれるのかな?」
「アパレル販売員の経験を活かして起業したいけど、パーソナルスタイリストに向いているか不安・・・・・・」

 

そんなお悩みを抱えて、パーソナルスタイリストへの起業になかなか踏み出せずにいませんか?

FPSSでは、あなたの中に眠るパーソナルスタイリスト適性を見つけて、スタイリスト起業につなげるためのノウハウを無料配信しています。

無料メールレッスンのご登録はこちらから!

*印は必須項目です。
Email *
*
*
性別 *
お住まいのエリア *
ファッション業界での勤務経験 *

オンラインでおしゃれが学べる月額制サービス
服装心理lab.
6月のテーマは
「高められるものなら高めたい『自信』について考える」

「まずは自分のおしゃれをプロ級に磨きたい」
「FPSSのコーディネート理論を体感したい」

そんなあなたにぴったりなのが、服装心理lab.
おしゃれの”超”基本と服装心理学を学べる月額制サービスです。
週1のメールレッスンと、月1の動画レッスン、そして毎日使える会員専用チャットで、自分のおしゃれをじっくり磨けます。

6月のレッスンテーマは「高められるものなら高めたい『自信』について考える」

おしゃれの目的は、自信を持つため。 特にコロナ禍以降、そう考える人が増えたようです。でも、自信の正体や高め方を知らなければ、いくらおしゃれをがんばっても効果は出づらいもの。

そこで今月のlabでは、「自信」をおしゃれと心理学から解明していきます!

服装心理lab.のご入会はこちらから、「今すぐ参加する」をクリックして下さい

Pocket
LINEで送る