タイトなリブワンピースでカジュアルでも色っぽく

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

カジュアルでも女性っぽさを出したいというご要望に合わせ、体にぴったりと添うリブニットワンピースをセレクト。そのシルエットとモノトーンに抑えた色味で、シックで女性らしいカジュアルスタイリングに。

ボリュームコーデでもスタイルよく見える着こなしのお手本

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

休日にお薦めのカジュアルスタイリング。ゆるっとしたトップスとボトムの組み合わせが今っぽいバランスです。とはいえ、裾を出して着るとだらっとしすぎるので、ニットの前裾をデニムのウエストにひっかける感じで着こなすと、ウエスト位置が高く見えて◎。

中途入社にぴったりの華やかなスーツコーデ

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

新卒ではなく転職での入社の際の服装は、リクルートスーツでは堅すぎるし、かといってカジュアルすぎる服装でも憚られます。
そんなときに便利なのが、こんなセットアップ。霜降りの生地がほどよく華やかさを加えてくれます。

インナーは黒のラインが入ったブラウスをセレクト。Vゾーンをきりっと演出しました。

パイピングとスカーフの濃色で程よく引き締めたスーツスタイル

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

親しみやすい印象を作ろうと思うと全体を明るい色でまとめがちですが、K様はどこかに濃い色を取り入れた方が顔色が明るく見えるタイプ。
そこで濃い色の縁取りが入ったスーツと、鮮やかな色が含まれたスカーフをチョイス。
スーツの生地に光沢感があるため、講師として人前に立ったときに華やかさも出ます。

ネイビーのジャケットもブラウスのデザイン次第で柔らかい印象に

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

シンプルなネイビーのテーラードジャケットは、一歩間違えるとリクルートスーツ風にもなってしまうアイテム。
K様の場合には女性らしい柔らかさを加えることが成功の秘訣なので、ブラウスは胸元にギャザーが寄ったデザインをセレクトしました。
このギャザーのおかげでウエストがきゅっと締まる「Xシルエット」になるので、ジャケットを脱いでも美スタイルに!

ビーチアイテムを街着に活用!技ありカジュアルコーデ

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

スーツのジャケットに合わせたスカーフを大きく使ったカジュアルスタイル。
本来は水着の上に羽織るポンチョ型のスカーフですが、色柄がK様にぴったりということでタウンユースで取り入れました。
ビーチアイテムは値段もお手頃なのでこの時期は狙い目!

シンプルながらK様の体型を最も活かすスカートスタイル

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

柔らかく透け感のあるカットソーは、ウエストが絞られたデザインなので、裾をINしなくてもK様の体型を十分活かすことができます。
細身のタイトスカートはストレッチ性の高いジャージ素材なので、意外と動きやすく、講師スタイルに最適です。