第4期入門講座第4回目のファッションスナップは「形か質感が主役のコーデ」

for*styleパーソナルスタイリストスクール第4期入門講座第4回目

こんにちは!for*styleパーソナルスタイリストスクール(FPSS)広報担当です。

FPSSでは、毎回講座の際には生徒の皆さんにファッションテーマを設け、それのテーマにそったコーディネートで来校してもらっています。
スタイリングを学ぶと共に、自分のファッションもプロらしく改善していける仕組みです。

 

さて、パーソナルスタイリスト第4期入門講座も早くも第4回目。次回の発表会がいよいよ最終回です!

ファッションの歴史や素材知識、コーデ理論などを学んで、今現在ファッション業界で活躍している人たちと肩を並べられる知識を身につけた生徒たち。
アパレル業界未経験とは思えないほど、ファッションについて「語る」ことができるようになってきました。

さて、そんな生徒たちに課せられた今回のファッションテーマは「形か質感のいずれかを主役にしたコーディネート」
ファッションの三大要素のうち、形もしくは質感にアクセントをおいたコーディネートをすることで、論理的思考でコーディネートを組む練習をしていきました。

 

早速、講座で発表された生徒さんのコーディネートを紹介していきますね!

 

Kさん オフィスカジュアルなコーディネート

スタイリストの卵が作る「形や質感を主役にしたコーデ」

Kさんは質感に主眼をおいたコーディネートを披露してくれました。
ニットのトップスと起毛したパンツという両方とも「ほっこり系」の素材ですが、それをナチュラルにならないようにキラキラと光る質感のネックレスを合わせました。
背景がマットなそざいなので、ネックレスの輝きが浮き立つようなスタイリングになりますね。

 

Mさん トップス・ボトムスともにボリュームのあるアイテムを選んだコーディネート

スタイリストの卵が作る「形や質感を主役にしたコーデ」

Mさんは「普段自分が着ないようなシルエット」をテーマにスタイリング。
普段はトップスが大きめシルエットならボトムはタイト・・・・・・といったように、上下のボリュームのコントラストを付けるスタイリングが多いそうなのですが、今回はあえて上下ともにボリュームがたっぷりあるスタイリングにチャレンジ。

また、ベレー帽やタックの入った丸みのあるパンツをセレクトし、メンズスタイリングに曲線要素を加えることで少し個性的な印象を演出してくれました。角張った形のチェスターコートとの対比も魅力的です。

ボリュームのある洋服で子どもっぽくならないよう、目の詰まった質感を選ぶことでバランスを取っています。

こんな風に自分で考えて印象のバランスを取れるようになったことが、プロの知識が身についた証拠ですね!

 

Sさん 曲線的なアイテムを素材MIXで魅せる着こなし

スタイリストの卵が作る「形や質感を主役にしたコーデ」

Sさんは過去3回あまり着ていなかったような曲線的な形のアイテムを選んで登場。
ギャザーが入ったフレアスカートの裾の曲線や、ニットのドルマンスリーブの曲線などで表現しています。

また、質感でも上下にコントラストを付ける工夫を。
上が暖かみのあるウールニットなのに対し、ボトムはキュプラのスカートでつるっとした光沢のある冷たい雰囲気。
暖かみと冷たさの対比をつけることで、それぞれの素材の印象を際だてる工夫を見せてくれました。

繊維の基礎知識を勉強したことで、スカートのキュプラという素材のメリットも意識しながらセレクトできたようです!

Yさん ゆるっと×タイトを組み合わせて、小柄な身長をすらっと見せる工夫を

スタイリストの卵が作る「形や質感を主役にしたコーデ」

Yさんは小柄な身長をすっきり見せることがいつも自分のテーマ。
ボリュームのあるものだけでスタイリングをすると背が低く見えてしまうので、トップスをたっぷりにしたらボトムはこのように必ずタイトにするようにしているそうです。

トップスのチュニックは裾のフレアもワンポイントの柄も曲線的。スパンコールのワンポイントが上にあるのですらっと見える効果が期待できますね。

 

Nさん 柔らかい質感のニットで女らしいデニムスタイルに

スタイリストの卵が作る「形や質感を主役にしたコーデ」
Nさんはデニムスタイルが多いのですが、今回はトップスに柔らかい質感のニットをチョイス。
柔らかい質感を取り入れることで、デニムのコーデもボーイッシュにならないように仕上げました

 

 

入門講座の初期では単に自分の好きな服を着ているだけだった生徒たちが、コーディネート理論を身につけてどんどん今までの自分とは違うコーデにチャレンジできるようになりました。

これからの生徒さんのコーディネートの進化も楽しみですね!

 

「パーソナルスタイリストの仕事に
興味が出てきた」というあなたへ・・・

メルマガ登録

「ファッションの仕事をしてみたいけど、本当に私がパーソナルスタイリストになれるのかな?」
「アパレル販売員の経験を活かして起業したいけど、パーソナルスタイリストに向いているか不安・・・・・・」

 

そんなお悩みを抱えて、パーソナルスタイリストへの起業になかなか踏み出せずにいませんか?

FPSSでは、あなたの中に眠るパーソナルスタイリスト適性を見つけて、スタイリスト起業につなげるためのノウハウを無料配信しています。

無料メールレッスンのご登録はこちらから!

*印は必須項目です。
Email *
*
*
性別 *
お住まいのエリア *
ファッション業界での勤務経験 *

2022年10月開講の第14期、
早くも残席半分!
服装心理学に基づくアドバイスができる
スタイリストが求められています

服装心理学を学び、お客様の心を理解した深いアドバイスができるスタイリストは、パーソナルスタイリングの世界だけでなく、販売スタッフなどアパレル業界にもその活躍の場を広げています。

ファッションを通じて、お客様の役に立てるような一生モノの仕事。その第一歩を一緒に踏み出してみませんか?

この秋に開講を控えた第14期、募集開始1ヶ月で既にお席は残り半分。ご入学お手続きはお早めをお薦めします。

for*styleパーソナルスタイリストスクール第14期入門講座 詳細



オンラインでおしゃれが学べる月額制サービス
服装心理lab.
6月のテーマは
「高められるものなら高めたい『自信』について考える」

「まずは自分のおしゃれをプロ級に磨きたい」
「FPSSのコーディネート理論を体感したい」

そんなあなたにぴったりなのが、服装心理lab.
おしゃれの”超”基本と服装心理学を学べる月額制サービスです。
週1のメールレッスンと、月1の動画レッスン、そして毎日使える会員専用チャットで、自分のおしゃれをじっくり磨けます。

6月のレッスンテーマは「高められるものなら高めたい『自信』について考える」

おしゃれの目的は、自信を持つため。 特にコロナ禍以降、そう考える人が増えたようです。でも、自信の正体や高め方を知らなければ、いくらおしゃれをがんばっても効果は出づらいもの。

そこで今月のlabでは、「自信」をおしゃれと心理学から解明していきます!

服装心理lab.のご入会はこちらから、「今すぐ参加する」をクリックして下さい

Pocket
LINEで送る