イメコンの勉強は「自分を知ること」から始まります

 

こんにちは!
for*styleパーソナルスタイリストスクール(FPSS)代表の久野梨沙です。

 

イメコンの勉強は「自分を知ること」から始まります

 

まだ明日9/24(金)から3日間のWEBご入学相談会が残ってはいますが、第12期生のご入学手続きもほぼ目処がついたので、いよいよ初回授業に向けた準備が始まっています。

 

FPSSの講座は、ガイダンスから始まります。
このガイダンスでは、パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタントの業界の全体像と現状をじっくり説明するだけでなく、生徒さん一人一人の性格検査を元にした「自己理解」のための講義を行います。

 

というのも、私がパーソナルスタイリストとして開業した15年前とは違い、今はスタイリストやイメコンのサービスの認知度が大きく高まった代わりに同業者も増えたので、「ライバルとの差別化」が何より重要だから。

差別化をするには、「自分のサービスをどんな人が喜んでくれるか」を知り、その人に向けてアピールしていくことが大事。
つまり、自分の良さや得意なことを正確に把握する必要があるんです。

 

「自分を理解する」ことは、まさに心理学の得意とする領域。
私の専門分野です。
ですから、占いのようなものではなく、ちゃんとしたエビデンスのある性格検査を行って、自分を知ることから始めてもらっています。

 

さらに、初回の授業で自分の考え方やコミュニケーションの癖を把握しておけば、これから始まるファッションの勉強についても効率のよい方法を選択できますし、「自分の強みを活かせるビジネスって何?」ということを考えながら学べるので、学んだことが身になりやすいというメリットも。

 

「イメコンやファッションについては学びたいけど、そのあとどんな風に開業するのかまだ決めていない」という人にも、「むしろ、決める前にFPSSに入った方がいい」と言っている理由も、実はここにあります。

しっかり自己理解しないうちに自分の感覚だけでこれからやるビジネスを決めてしまうのは、結構危険なんです。

どこかで見た誰かのビジネスの真似をしても、それがまったく自分に向かない、やればやるだけ苦しくなるビジネスの可能性もあるわけで。

 

でも、「ファッションに興味がある」という事実は揺るぎようがないんだったら、まずはFPSSに入ってファッションを学びながら自分を理解し、時間をかけて、学んだ知識をどうビジネスに変換していくかを、講師と一緒に考えた方が効率的です。

 

イメコンやファッションの知識って、実は幅広いビジネスに活かせます。
いわゆるイメコンやパーソナルスタイリングサービスを直球でやるだけではなく、持っている経験や知識と組み合わせると、様々な展開が考えられる。

誰かにとっての成功への最短ルートがあなたに当てはまるわけではないので、一緒に考えていきましょう、というスタンスです。

 

第12期は、withコロナの時代を見据えて、オンラインと対面授業のハイブリットな進行になっていく予定です。
感染対策を考え、少人数制で、じっくりと取り組んでいく期になります。

今まで以上に、お一人お一人にじっくりとフィードバックができそう。こんなご時世なので、次期の開講ができるかもわかりません。
「これが最後!」という気持ちで、12期、全力で指導していきます。

 

 

2022年10月開講の第14期、
早くも残席半分!
服装心理学に基づくアドバイスができる
スタイリストが求められています

服装心理学を学び、お客様の心を理解した深いアドバイスができるスタイリストは、パーソナルスタイリングの世界だけでなく、販売スタッフなどアパレル業界にもその活躍の場を広げています。

ファッションを通じて、お客様の役に立てるような一生モノの仕事。その第一歩を一緒に踏み出してみませんか?

この秋に開講を控えた第14期、募集開始1ヶ月で既にお席は残り半分。ご入学お手続きはお早めをお薦めします。

for*styleパーソナルスタイリストスクール第14期入門講座 詳細



 

Pocket
LINEで送る

スクールについてもっと知る

コース紹介

あなたの目的や経験に合わせて選べるコース設定。内容や料金など詳しくはこちら

無料メールレッスン

未経験からパーソナルスタイリストになるためのノウハウを10回のメールレッスンでお伝えします