不安なのは、動いていないから。先が見えない時代は自分で未来を作ろう

 

こんにちは!
for*styleパーソナルスタイリストスクール(FPSS)代表の久野梨沙です。

 

新型コロナウイルスの感染状況がなかなか思わしくありません。
こういうときに不安になってしまうのは、自分で能動的に動かず、環境に影響されるがままになっている人。

「今は先が見えないから、とりあえず動かないでじっとしていよう」と思いたくなる気持ちもわかりますが、止まっていると、周りの変化にただ影響されて流されるばかりになります。
そうなると、ますます自分の未来が見通せず、不安になる一方です。

心理学的には、人間の不安は、「自分の未来を自分で決めることができない」という感覚から生じるものと考えられます。

もちろんコロナウイルスの感染状況のように自分の力ではどうにもできないものもありますが、その一方で、自分次第でどうにでもなるものも実はたくさんあります。

その、「自分でどうにかできるもの」に意識を集中して、行動して、自分の思う通りの結果を出すことで、不安は解消されていくものなんです。

 

そういう意味では、やりたかったことに向けて勉強するというのは不安を解消するにはもってこいの手段です。

勉強は、決して裏切りませんからね。

やればやるほど、学んだことが身につくことを実感できるし、物事が上達します。

 

FPSSの生徒達が、こんな不安定なご時世でも生き生きと学び続けていられるのは、学ぶこと自体が、自分に自信をもたらしてくれるからなんです。

 

こちら、現在開講中の11期生の入門講座を終えての感想動画、見てみて下さい!
仕事との両立で苦労もあったはずなのに、みんな、自信にみなぎってキラキラしていますよね。

 

 

もちろん、生徒たちにもコロナウイルスの感染拡大の影響は出てきています。

会社で感染者が出てしまい急遽出勤になってしまって授業に参加できなくなってしまったり、転職した結果、しばらくの間、授業を受けるのが難しくなったり・・・・・・。

 

そんなときも、FPSSであれば授業を録画した動画を補講として受けることができたり、しばらく休講して次の期で再び受講を開始したりすることができます。
たとえ環境に振り回されてしまったとしても自分のやりたいことをあきらめなくて済むよう、最大限のサポートをしているんです。

こんな時代だからこそ、自分の未来のために、やりたいことを学びましょう。
学んだことは、絶対に未来の自分を助けてくれるし、何より学ぶこと自体が今の自分の支えになってくれるから。

 

私自身も、このコロナ禍で、「好きな仕事で起業しておいて良かった」という気持ちを改めて強くしています。

時代が変わりつつある中、パーソナルスタイリングのお客様層や利用の理由が変わってきていて、心理学を活かしたスタイリングがますます重要な世の中になる、って確信できていることも大きいかもしれません。

そのあたりのお話しは、次回、じっくり書きたいと思います。

2022年10月開講の第14期、
早くも残席半分!
服装心理学に基づくアドバイスができる
スタイリストが求められています

服装心理学を学び、お客様の心を理解した深いアドバイスができるスタイリストは、パーソナルスタイリングの世界だけでなく、販売スタッフなどアパレル業界にもその活躍の場を広げています。

ファッションを通じて、お客様の役に立てるような一生モノの仕事。その第一歩を一緒に踏み出してみませんか?

この秋に開講を控えた第14期、募集開始1ヶ月で既にお席は残り半分。ご入学お手続きはお早めをお薦めします。

for*styleパーソナルスタイリストスクール第14期入門講座 詳細



Pocket
LINEで送る

スクールについてもっと知る

無料メールレッスン

未経験からパーソナルスタイリストになるためのノウハウを10回のメールレッスンでお伝えします