パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

苦手なスカートも丈と形が似合えば克服できる!

「スカートスタイルを攻略したい」というご要望があったS様。
裾広がりのシルエットが似合いづらい体型なのがスカートが苦手な原因でした。
そこですとんとしたストレートシルエットのスカートをチョイス。
トップスの丈を短く&アクセントを高い位置に持ってくることでバランスよく着こなせるようになりました!

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

同系色のアイテムでサンドイッチするとまとまりのある着こなしに

鮮やかな色のアイテムは1点だけ使おうとすると浮いて見えがち。
そんなときは、離れた位置に同系色のアイテムをもう1つ使うとまとまりが良くなります。
このコーデでは、ストールとショートブーツを同系色に。
赤の色彩心理効果を使って、S様のエネルギッシュさが伝わるプロフィール写真に仕上げました。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

カジュアルな集まりに活躍する好印象コーディネート

上半身がシンプルな色合わせのときに特に活躍するのがチェック柄のパンツ。
複数の色を取り入れるのがお似合いになるSさまにとって、1つでいくつかの色が入っている柄物は便利なアイテムです。
さらにネックレスやバッグで色を追加。
初対面の方と会うときには、できるだけカラフルにするのがS様にとっての好印象をGetする秘訣です。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

カーディガンは留める位置でスタイルUPが叶う!

カーディガンのキルトピンを高めの位置に付け、シャツの裾をスカートにINするとスタイルがよく見えます。
スカートに苦手意識があったS様も、長め丈で似合う形のスカートに出会ったおかげで克服!

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

ブルーワントーンコーデを柄×柄でにぎやかに

柔らかい素材のジャケットは、きちんとした印象も演出しつつ、着心地がよいので気軽に着られます。
I型体型のSさまには、このジャケットのような柔らかくすとんとした形のジャケットがよくお似合いになります。
細かな柄物のインナーとギンガムチェックの襟のコーディネートですが、ブルーワントーンなのできれいにまとまります。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

夏のカジュアルファッションは素材選びで快適さも追求

吸水速乾の素材が使われたカーディガンは、夏場の日よけや冷房対策に最適です。
多少汗をかいていてもさらっと羽織れますので、これから外出が増えるS様に最適なアイテム。
インナーとストールで色を増やしてより似合うコーディネートに仕上げました。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

フード付きパーカーは視線を持ち上げるため背をすらっと見せる効果アリ

背が低いS様は、高い位置にポイントを持ってくるとバランスが取りやすくなります。
変わったアイテムを使わなくても、パーカーならフードがその役割を果たしてくれます。
「ご近所着」っぽくなりすぎないよう、ボーダーをセレクトして爽やかに。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

ワントーンコーデは小物で色を挿すのがSpringタイプに似合わせるコツ

鮮やかな色が似合うパーソナルカラータイプのS様。
白×ベージュのナチュラルカラーのコーディネートは、小物でアクセントを付けると引き締まります。
ストールとソックスに思い切って明るい色を取り入れても、小面積なのでさりげなくまとまります。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

ブルーの同系色でまとめた知的な印象のビジネスカジュアルスタイル

起業して、講演などで人前に立つ機会も増えるT様。
そんなときはカジュアルスタイルでもブルーの同系色でまとめると、色彩心理効果で知的な印象が強まります。
ジャケットはニット素材にすることで、冷たいイメージにならず親しみやすさもキープできます。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

目を惹くイエローのチェックを活用した記憶に残るカジュアルスタイル

ぶれずに我が道を行く強い内面を秘めたT様のエネルギッシュさを表現するため、アウターや靴に鮮やかな色を取り入れました。
アウターはアウトドア系のデザインを選ぶことで、アクティブな雰囲気を強めています。
袖をさりげなく折り返してこなれた印象に。