ZOOM会議前に要チェック!リモート映えする服・メイクのコツ

 

こんにちは! パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。

最近は、ZoomをはじめWeb会議システムが広く使われるようになりましたね。

私もオンラインサロンの配信に活用していますし、雑誌の取材もZoomで済ませることが増えてきました。

私は未経験ですが、Zoom取材の映像のスクリーンショットがそのまま記事に使われることもあるんだとか。

 

そんな時、気になるのはやっぱり顔の映りですよね。

そこで今回は、私がたくさんの取材などを通じて見つけた、「Zoom映え」を良くするためのファッションやメイクのコツをお教えします。

もちろんZoom以外のオンライン会議にも使えますよ!

 

この内容は以下のPodcastでも解説しています。
音声で聞きたい方は以下からどうぞ!

Radiotalkで聞きたい方はこちら▼

 

その他のPodcastサービスで聞きたい方はこちら▼
Spotifyで聞く
ApplePodcastで聞く
GooglePodcastで聞く

 

写真を撮られるときに明るく見える色も、ZOOMでは暗く見える危険が!

まず、よく勘違いされがちなのが、

「写真写りが良いファッションやメイクは、Zoom映えも良いはず」

というもの。これ、間違いなんです。

 

例えば、「トップスを白などの明るい色にすれば、レフ板代わりになって顔が明るく見える」と思いがちですが、実はZoomはその逆。ZOOM会議でよく見かけるのが、白い背景に白い服を着て、顔が暗くなってしまっているケースです。

 

その大きな原因はカメラ。

パソコンの内蔵カメラや簡易的なWebカメラだと、映像の明るさ(露出)調整機能がなかったり、あっても設定が複雑で、結局大抵のケースでは自動設定だったりするんですよね。

そんな中、明るい背景に明るい色の服を着るとどうなるか。カメラは「なんか光がたくさん入り過ぎだな」と考えます。

そして、全体が暗くされて、顔色まで暗くなってしまうんです。

 

ZOOM会議前に要チェック!リモート映えする服・メイクのコツ

 

なので、背景が明るい時は、トップスにはしっかりした色のものを選んでみましょう。

自分の顔色と同じくらいに暗い色をカメラに映すことで、明るさの自動補正が上手く効いて、ちょうどいい明るさを出すことができますよ。

顔に似合うかだけでなく、背景に合うかも考えて

次に、洋服の柄について。ズバリ、正解は「背景の反対にすること」です。

例えば、背景が無地の白い壁やカーテンなら、はっきりした柄物を着る。
逆に、本棚などの少しごちゃっとした背景なら、柄物を着ると背景とケンカしてしまうので、無地の服を着る。

これに関しては、私がテレビ出演をするお客様のスタイリングをするときと同じ考え方です。

 

ZOOM会議前に要チェック!リモート映えする服・メイクのコツ

 

上記の写真は、私がTBSの「この差って何ですか?」に出演したときの画像です。

この番組のスタジオセットは本棚のようになっているので、かなり賑やか。

そこに洋服まで柄物にしてしまったら、背景とぶつかってかなりうるさい印象に見えてしまいます。

 

ですから、私は白いシャツをセレクト。

 

ZOOM会議前に要チェック!リモート映えする服・メイクのコツ

 

こちらはEテレ「人生レシピ」の時の私の衣装。

「人生レシピ」のセットも花がたくさんあしらわれていてとても華やかです。

そこで私は背景のお花に多い暖色と反対になるよう、寒色の無地のブラウスを合わせました。

 

こんな風に、要は、背景か洋服のどちらかをにぎやかに、どちらかを無地にして対比を付けると、あなた自身がくっきり浮き出て見えて、とても綺麗に映るということです。

ZOOM会議で着るトップスは、首回りのデザインを厳選して!

あと、Zoomって基本的に映るのは胸から上くらいの範囲だけですよね。

なので、トップスは「首周りの形があなたの顔に合っているか」が命になります。

まず、お顔がふっくらしている方は、なるべく首周りを開けましょう。

すっきり見せたいなら深めのVネックが、柔らかさを演出したいならUネックがオススメです。

また、私のように鎖骨が目立つタイプなら、鎖骨が見えるネックラインだと特に細くすっきり見えます。

 

ZOOM会議前に要チェック!リモート映えする服・メイクのコツ

▲こちらは、先日私がWEB上で美容師さん向けに行った講演の画面ですが、かなり大きめに開けて鎖骨を見せています。

逆に、お顔の肉付きが少ない方が首周りを開けると寂しい印象になってしまいます。狭めのクルーネックやハイネック、冬場ならタートルネックが良いでしょう。

もしかすると、普段のトップスの首周りのデザインは、体型も加味して選んでいる人が多いかもしれません。しかしZOOM会議の場合には体までは見えません。

ですから、顔の形だけを考えて選ぶ方が吉、ということになるんです。

リモート環境でのメイクは、大きい面積と陰影を重視!

そして、女性の方が気になるのがメイクですよね。

パソコンの内蔵カメラや一般的なWebカメラを使っている前提で話しますが、細かい肌の色ムラやシミはあまり気にしなくて大丈夫。

なぜなら、カメラの画質がそこまで良くないからです(笑)。

大事なのは、もっと大きいところ。
まず、ハイライトをしっかり入れること。
鼻筋・目の下といった少し高いところを光らせてみてください。

お顔立ちに合わせて鎖骨を見せる場合には、鎖骨の高い位置に入れてもすごく綺麗に映りますよ。

 

 

こんな風に以前Twitterにも投稿しましたが、私はTHREEのシマリンググローデュオの明るい方を鎖骨の高いところにONしています。

あとは、眉毛が薄いと目立ってしまうので、眉毛はしっかり描くこと。そして、口紅をいつもよりもしっかりめに塗ることもポイントです。

ZOOM映りにおいて、ファッション・メイク以上に大事なことも・・・・・・

でも……何だかんだ言って、結局一番大事なのは「照明」と「カメラ位置」だったりもします。

Amazonに売っている安いものでいいので、リングライトを買って、顔の真正面からしっかり当ててみてください。
あと、カメラの位置が低いと顔が大きく見えたり、偉そうに見えたりしがちです。

特にスマホだとそうなりやすいので、できれば台の上か何かに置いて、ちょうどいいアングルを探してみるといいと思います。

 

ZOOM会議前に要チェック!リモート映えする服・メイクのコツ

 

冒頭にも貼ったこちらの画像見て頂くとわかるとおり、私の正面のちょっと高い位置にリングライト+カメラあるの見えますよね?こんな感じにすると、ちょっと上から撮るアングルになっていい感じです✨️

 

まだまだ、withコロナな日常、続きそうですよね・・・
リモートばっかりになってしまったことを嘆くばかりでなく、この時期だからできるおしゃれ、楽しんでいきましょう!

こんな風に、今の時代に合わせたおしゃれの仕方をリアルタイムで学べるのが、以下のオンラインサロンです。
会員専用チャットで、毎日のコーデへのアドバイスも受けられますよ!

おしゃれと内面の両方の学びを得られるオンラインサロン
「服装心理lab.」、会員募集中!

 

「自分らしいおしゃれを確立して自分を好きになる」ということをゴールに掲げるオンラインサロン「服装心理lab.」。

毎週のメールレッスン、毎月のオフ会&講座、ライブ配信、会員専用チャットを通じて、似合う服の選び方はもちろん、おしゃれを上達させるトレーニング法や、性格とおしゃれの関係・・・などなど、自分で自在におしゃれを楽しめるようになる多彩なカリキュラムをお届けするサロンです。

10月のテーマは「理想の自分をファッションで具現化する」。似合うだけでなく、好きな自分やなりたい自分を表現できるおしゃれの方法について、じっくりお伝えします。

服装心理lab.のご入会はこちらから、「メンバー特典を選ぶ」をクリックして下さい

 

久野 梨沙

執筆者
久野 梨沙(ひさの りさ)

パーソナルスタイリスト / 服装心理カウンセラー。( 社 )日本服装心理 学協会代表理事。服装心理学に基づくスタイリングの第一人者。大学 で認知心理学を研究した後、大手アパレルメーカーでの商品企画職を 経て個人向けスタイリストに。1 万件に上るスタイリング実績を元に、 精度の高いイメージコントロールをすることで定評がある。