今年もあと60日。ちょっとシックなジャケパンスタイルを覚えて、大人めな冬を過ごしてみませんか?
コーディネートのコツは、ジャケットとスラックスの色使いです!

 

■ライトグレーのグレンチェックジャケット×グレースラックス
今季トレンドの英国柄を大人めに着こなすコツは、トーン・オン・トーンと呼ばれる配色テクニックを使ったグレーのグラデーションコーディネート。主張を抑えることができるので、上品にまとまります。また、ジャケットが明るい色みなので、暗くなりすぎずに、ほど良いバラン感を保つスタイリングに。

 

■ブラウンの千鳥格子ジャケット×ホワイトコットンパンツ
野暮ったくなりがちなブラウンも、ホワイトのパンツと組み合わせることで軽快なスタイルに。コットンは冬使用の厚手のものなら白い色でも、寒くありません!千鳥柄に使われているブラウンとリンクさせて足元にはスエードシューズを。温かみのある冬仕様ホワイトパンツスタイルが完成します。

 

■ブラックのベロアジャケット×オフホワイトパンツ
アダルトなムードを漂わせるベロア素材と起毛感のあるオフ白パンツを組み合わせて。ジャケットの少し着丈を長くするだけで、より大人っぽく着こなしことができます。シンプルなアイテム同士でも、素材で遊ぶのが今季の旬なテクニックです。

 

■ネイビーのダブルブレステッドジャケット×グレースラックス
ネイビーとグレーの定番配色もジャケットをダブルにすることで貫禄あるジャケパンスタイルが完成します。ポイントはジャケットのサイズ感。タイトなシルエットで身体に沿ったラインのものを選ぶことで、よりエレガントな表情が生まれます。足元は黒の革靴でシャープに引き締めて。

 

■グレーのツイードジャケット×ネイビースラックス
温もりのあるツイードジャケットをスマートな印象のネイビーとコーディネート。ジャケットにボリュームがあるためスラックスの裾をダブルにしてバランス調整を。上品に着こなすのであればブラックの革靴、カジュアルスタイルに落とし込むのであればライトブラウンのスエードシューズをチョイス。

 

このように、今年の冬は大人の格上げスタイルを楽しんでみるのはどうでしょうか?グッと男に磨きがかかること、うけあいです。

 

 

パーソナルスタイリング・コラム執筆に関するお問い合わせはコチラ!