お気に入りのスーツをスタイリッシュに着こなしても、シワや汚れのついたスーツでは魅力も評価も半減!
そこで知りたい毎日のお手入れテクを教えちゃいます!

 

①ブラッシング
帰宅後にクローゼットにスーツをかける前にしたいのがブラッシング。豚毛や馬毛のブラシで肩周りを中心に、全体を上から下へかけましょう。これだけでスーツの見た目だけでなく耐久力までも変わります!

 

②スチーム&プレス
天然素材が多いスーツは、自然なシワの回復力もありますがひどくシワにな ってしまったら、スチームやアイロンをかけるのがベスト。シワ以外に、気になるにおいも解消することができます。シワが気になる部分にはスチーマーやスチームアイロンの蒸気をあてて軽く引っ張るとよいでしょう。アイロンをかける場合は直に当てずに、当て布を!

 

③保管
スーツハンガーは肩部分に厚みのあるものが型崩れを起こしにくいものです。保管袋はなるべく通気性のあるタイプを。クリーニング店から戻ってくるときのビニール袋はあくまで汚れ防止なのですぐにはずしてください。さらに防虫&透湿効果のある保存袋をかければ完璧!また、クリーニング店の保管サービスを使うのも失敗しない方法です。

 

④応急処置
外出時についたシミなどは全体にこすらずにシミを広げないように注意しながら、ティッシュペーパーなどに汚れを移してください。水性のシミであれば硬く絞った布で軽く叩いて汚れを布に移し取ると◎。その後はお早めにクリーニング店へ!

 

 

パーソナルスタイリング・コラム執筆に関するお問い合わせはコチラ!