冬、外を歩いているときのコーディネートの大半をコートが占めます。つまり、コートの選び方次第で、コーディネートの完成度は大きく左右されるということ。

特に「背を高く見せたい」とか「脚を長く見せたい」と思っている方にとっては、コートとボトムの合わせ方が非常に重要です。フォースタイルでは、様々なお客様にパーソナルスタイリングを行なう中で、脚長に見える黄金バランスを導き出しました。

厚手のダウンコートは4:6ですらっと脚長に

まず、もっとも丈に注意したいのが、ダウンコートなどの厚手のアウターです。ボリュームのあるアウターですから、背の低い方は特に、丈はできるだけコンパクトにする方がお勧め。

足が長く見えるコートとボトムの黄金比率

足を長く見せることを優先に考えるなら、ダウンジャケットとパンツの丈の比率は、4:6が最適。ダウンコートの裾がちょうど腰骨に来るくらいのこの丈であれば、上半身が重くなりすぎることもなく、きれいなシルエットを保てるはず。

女性の場合なら、この丈に抑えればスカート全般との相性は抜群!

ただ、男性の場合には、この長さだとスーツのジャケットの上から羽織るのは難しい丈です。いくら脚が短く見えるのが嫌だからといって、ジャケットの裾がコートからはみ出してしまうと、かっこわるく見えてしまうのです。
もしジャケットの上から羽織るコートを選ぶなら、この次の項目を参考にしてください。

ウールのショートコートは5:5で、ヒップもカバーできるバランスに

足が長く見えるコートとボトムの黄金比率

ダウンジャケット以外のコートであれば、首の付け根から足首までの長さの、ちょうど半分のところにコートの裾が来る丈がベスト。ここはヒップの付け根となるので、ちょうどヒップがすっぽりと隠れて体型カバーにもなります。

男性がスーツの上に羽織るならこの丈が一番短い丈でしょう。なぜなら、ジャケットの丈は、首の付け根から足首までの長さの、ちょうど半分の長さというのがセオリーだからです。もしこの丈でダウンコートを着たい!ということであれば、できるだけ厚みの少ないものを選べばOK。

長めコートを使った6:4のコーディネートは、パンツのシルエットが重要

足が長く見えるコートとボトムの黄金比率

膝上当たりに裾が来る丈のコートとロングパンツを合わせると、ちょうとバランスは6:4程度に。この時、パンツが太い幅のものだと非常にバランスが悪く見えます。

この比率のときには、男性・女性ともにパンツは細身のものを選ぶのが大事!

一番難しい長めコートと長めスカートは、9:1が正解!

女性の場合、一番悩むのが、「コートからスカートがちらっと見えるとき、どのくらいのバランスが良いの?」ということ。

足が長く見えるコートとボトムの黄金比率

この疑問に対する正解は、上画像のようにコート丈と見えているボトムの丈が9:1になる比率。こんな風にスカートの裾だけが除くバランス、ということですね。これ以上スカート丈が長く、見える範囲が大きくなると、ずるずると重い印象になり野暮ったく見えてしまいます。

さらにバランスをよくするコツは、ウエストのベルトマーク。画像のように前を開けて着るなら、スカートの上にベルトを。もしコートの前を全部締めるなら、コートのウエスト部分にベルトを巻きましょう。ウエスト位置が強調されて、シェイプ効果&脚長効果アリ。

女性ならでは!ワンピ風に着こなす10:0

足が長く見えるコートとボトムの黄金比率
コートをワンピース風に着こなすなら、ボトムが全く見えない10:0のバランスで。そのときに注意したいのがコートの形。細身で体に添うシルエット、かつウエストがしっかりとシェイプされているものを選びましょう。これをハズしてしまうと、ただ「コートが大きい人」に見えてしまうのです・・・・・・。

いかがでしょうか?

毎年冬になると、フォースタイルのパーソナルスタイリストへも、コートのお見立てのご依頼が急増します。なぜなら、コートはとても大きい買い物。また、かさばるために、そう何枚も保管するのも難しいアイテムだからです。

だからこそ、自分の体型を美しく見せ、手持の服と合わせやすいものを慎重に選ぶことが必要。このコラムを参考に、あなたのコートのコーディネートを今一度見直してみて下さいね。

 

久野 梨沙

執筆者
久野 梨沙(ひさの りさ)

パーソナルスタイリスト / 服装心理カウンセラー。( 社 )日本服装心理 学協会代表理事。服装心理学に基づくスタイリングの第一人者。大学 で認知心理学を研究した後、大手アパレルメーカーでの商品企画職を 経て個人向けスタイリストに。1 万件に上るスタイリング実績を元に、 精度の高いイメージコントロールをすることで定評がある。