読売新聞朝刊くらし面「装」のコーナーにて、パーソナルスタイリスト久野梨沙が、来春の財布のトレンドについてコメントしました。
読売新聞にて財布のトレンドについて代表久野がコメントしました紙面では財布と他の小物とのコーディネートのポイントをお伝えしましたが、掲載しきれなかった財布の色やデザインの選び方などを改めてここでご紹介します!

2015年の財布の色やデザインのトレンドは「きらきら」「ポップ」!

毎日持つものだから、シンプルで飽きの来ない財布を・・・という考えは、今年は捨てた方がよいかもしれません。

今年流行となっている財布は、「メタリック」と呼ばれるような、金属のように光った質感のものや、様々な色が使われたカラフルなものなど、きらきらと華やかなものばかり!
また、動物や花などのモチーフのパッチワークがほどこされたものなど、ポップなデザインも増えています。

見ているだけで明るい気分になるような財布を選ぶのが吉。特にゴールドは金運にも良いといわれていますから注目ですね。

2015年に限らず使える!財布を選ぶときのポイントは?

財布の形も大きさも多様化している現在。選ぶときにはまずはどんなバッグに入れるのかを考えることが大切です。
小さなバッグも持つことがあるのなら、財布も小ぶりでないと後々不便を感じることに。今は薄さを追求したコンパクトなものも増えているので、長財布にこだわらずに、小さなものでバッグに入ることを優先に考えた方が良いでしょう。

もしくは、バッグに入れずにそれ単体で使える財布を選ぶ、という方法も。具体的には、ショルダーバッグ風に持ち運べるようなストラップがついているものが挙げられます。

取り出したときに差がつく!服装と財布のコーディネート術

もちろん、購入する前にはファッションとのコーディネートも考えておきたいところ。

そのシーズンのトレンドをぎゅっと凝縮した財布を取り入れるというやり方が一つ。例えば今年の春からはレトロな柄が流行しますが、「服で派手な柄物はちょっと・・・」という方でも、面積が小さい小物なら抵抗なくチャレンジできそうですよね。取り出したときに、ファッションのよいアクセントにもなってくれます。

あるいは、ファッションに無理なくなじむ財布を選ぶというのが2つめ。よく着る洋服の色と合わせたり、持っているバッグや靴などの革小物と色や素材を合わせたりすれば簡単です。
日々目にする財布だからこそ、服装とのコーディネートも考え、鮮度の高いアイテムを取り入れましょう。フォースタイルでは、洋服だけでなく財布やバッグといった服飾小物まで含めたトータルコーディネートをご提案しています。

個人向けスタイリングのお問合せはお気軽にこちらからどうぞ!

こういったトレンドの裏側の取材やスタイリング監修などのご依頼を多く頂いております。お問合せはこちらからどうぞ!