さて、今回からはいよいよスーツのパンツについて解説していきます。
上着ほど覚える用語は多くないものの、全身のバランスを左右する、非常に重要なアイテムです。

まず今回の記事では、押さえておきたいスーツのパーツの基礎知識についてお届けします。

パンツ・ズボン・スラックス・トラウザーズ・・・そもそもどの呼び方が正しいの?

知っておきたいパンツの基本スーツのパンツについて、スタイリングのお客様からよく頂くご質問がこちら。お店によっても呼び方が違うので迷ってしまいますよね。

まず、パンツという呼び方。これはスーツに限らず、カジュアルなものも含めて下に履くアイテムの呼称としては今最も一般的でしょう。どのお店でも、スーツ以外でも、この呼び方で呼んでおけばまず間違いありません。

続いて、ズボンという呼称。「パンツ」がアメリカ英語なのに対し、ズボンは日本で生まれた言葉です。由来は諸説ありますが、いずれにしても海外では通用しません。日本国内ではむしろパンツより一般的な呼び方ですが、アパレルショップや雑誌では使われない言葉になってきています。

そしてスラックス。スーツのパンツや、スーツでなくてもそれに準じたフォーマルな形のパンツ全般をこう呼ぶことが多いでしょう。カジュアルなジーンズなどは、スラックスとは呼びません。
英語で「ゆるんだ・たるんだ」という意味の「slack」が語源で、ゆとりのある形のパンツを指す言葉だったのが、フォーマルなパンツ全般を指す言葉となりました。

今では、高い年齢層の履くパンツを表すイメージのある「スラックス」。年齢が上になるほどゆるいシルエットのパンツを好むということから考えると、使い方としては正しいのかもしれません。

最後はトラウザーズという呼び方。こちらはイギリス英語です。そして、スーツの本場はイギリス。こだわりのあるお店でスーツのパンツのことを「トラウザーズ」と呼ぶことが多いのはこのためです。

履き心地とシルエットを左右するのがパンツのタック

さて、ここからはいよいよスーツのパンツのデザインの細部について、その名称と意味合いを確認していきましょう。特にオーダースーツを作る際には、これらの細部についてもどのようにするかお店の人から質問されますので、自分の要望を正しく伝えられるよう、覚えておいた方がよいでしょう。

まずは、パンツのタックについてです。

パンツのウエスト部分から下に向かって入っているヒダのことを「タック」といいます。腿周りやヒップ周りは、歩いたり座ったりするときのことを考えるとある程度のゆとりは必要です。しかし、ゆとりを取り過ぎると、ただ立っているだけの時には生地が余ってもたついてしまいます。

立ち姿のときのすっきりした印象と、着心地の良さを保持するためのゆとり。この両方を兼ね備えるためのディテールが「タック」です。生地をつまんで折りたたんでおくことで、ゆとりが必要な時にだけ、この部分が広がってくれるというわけです。

ノータックパンツ

ノータックパンツノータックは文字通り、タックがないことを指します。細身の人にとっては、動いたときのゆとりもさほどいらず、タックが入っているとかえって腰回りのゆとりが格好悪く見えてしまうことがあります。そんな人にはノータックの方がお薦めです。カジュアルパンツに近いデザインになるため、若々しく見えるというメリットもあります。
また、ノータックのパンツは比較的ローウエスト(ウエスト位置が低いこと)になっています。これは、ウエスト位置を低く取ると、ウエスト周りとヒップ周りの長さの差が少なくなるため、タック無しでも動きやすいパンツになるからです。したがって、ウエスト位置の低いパンツが苦手な方は、ノータックのパンツはあまり向いていないということになります。

ワンタックパンツ

ワンタックパンツタックが左右にそれぞれ1本ずつ入っているパンツのこと。
タックにも種類があり、外側に向かって折りたたまれているタックのことをアウトタック、内側に向かってたたまれているタックのことをインタックと呼びます。
たいていの既製品は「アウトタック」になっていますが、より広がりやすいという特徴がありますので、好みや体型、用途に合わせて使い分けるのがベストです。

ツータックパンツ

ツータックパンツタックが左右にそれぞれ2本ずつ入っているパンツのこと。ワンタックよりさらにゆとりのあるシルエットになります。
スーツでのツータックパンツはかなり年齢が高い印象になってしまうため、ウエストサイズとヒップサイズの差がかなり大きい人でない限り避けた方が良いでしょう。もしどうしてもツータックパンツを履きたいなら、インタックパンツを選ぶようにすると広がりを抑えることができます。

スーツのパンツのポケットでフォーマル度合いが変わる!

続いてパンツのポケットについてです。こちらも細かい部分ですが、実はこのポケットの形によって、パンツがカジュアルに見えたりフォーマルに見えたりすることをご存じですか?

「手を差し入れやすいかどうかしか考えていなかった・・・」という方は特に、見た目に与える印象の違いを確認しておきましょう。

バーチカルスリットポケット

バーチカルスリットポケットパンツのサイドの縫い目に沿って付けられたポケットです。
ポケット口が地面に向かって垂直になっており、開きづらいので最も手を差し入れづらい形ではありますが、その分形が崩れにくく、フォーマル度合いの高いポケットの形です。

フォワードセットポケット

フォワードセットポケット「バーチカルスリットポケット」に角度を付けて、手を差し入れやすくしたのがこちら。
前身頃に向かって斜めにつけられたポケットのことです。見た目の印象はこちらもフォーマルですが、実用的なデザインです。

ホリゾンタルポケット

ホリゾンタルポケットポケット口が地面に対して水平になったポケットです。
タックがあるパンツにはつけられないため、ノータックパンツ用のポケットになります。また、カジュアルパンツのポケットは基本的にこの形なので、スーツのパンツでこのポケットがついている場合にも、見た目の印象はややカジュアルになります。
スーツのパンツだけをばらして単体でも着回したいときには適したデザインと言えるでしょう。

クレセントシェープポケット

クレセントシェープポケット丸い形で、口が広く取られたポケットです。ホリゾンタルポケットよりもさらに手が差し入れやすく、さらにカジュアルな印象になります。ポケットをたくさん使うという方、スーツでたくさん作業もするという方はこの形を選ぶのもよいでしょう。

ジャケットに比べて地味な印象のパンツですが、それでもそのデザイン細部は全体の印象を決めるのにとても大切です。知っておいて損はありません!

次の記事では、スーツのパンツを選ぶときのポイントについて解説します。

 

 

文/スタイリスト・服装心理カウンセラー 久野梨沙 (株式会社フォースタイル)
久野 梨沙

執筆者
久野 梨沙(ひさの りさ)

パーソナルスタイリスト / 服装心理カウンセラー。( 社 )日本服装心理 学協会代表理事。服装心理学に基づくスタイリングの第一人者。大学 で認知心理学を研究した後、大手アパレルメーカーでの商品企画職を 経て個人向けスタイリストに。1 万件に上るスタイリング実績を元に、 精度の高いイメージコントロールをすることで定評がある。