スーツを購入する時、ほとんどの人が「どこのブランドで買えばいいのか」とか、「いくらくらい予算をかけるべきなのか」ということを気にします。

これらのことももちろん知識としてあるにこしたことはありませんが、その前に知っておかなければいけないのはもっと基本的なことです。

あなたは本当に自分に合ったスーツのサイズを知っていますか?

場面によっては選ぶべきでないスーツの色があるのを知っていますか?

ラペル(襟)の幅や形によって体型が変わって見えることがあるのを感じたことがありますか?

これら、ごく基本的なことを見過ごしたままでは、どんな高級ブランドのスーツを着たとしても素敵に見せることはできません。逆に、基本的な着こなしやマナーを守っていれば、低価格のスーツでも魅力的に見せることができるのです。

「どうも第一印象が悪くて」・・・というビジネスパーソンのあなた。それは、あなたの着ているスーツのブランドが悪いのではなく、スーツの選び方や着こなし方の基本を押さえていないせいかもしれません。

特に下に挙げたような悩みに心当たりのあるあなたには、これからの記事をきっと参考にしていただけることでしょう。

第一印象で信頼感を持ってもらえない、「頼りなさそう」とよく言われる

スーツを購入する際のチェックポイントサイズの合っていないスーツを着ていませんか?

特に、痩せている人が大きいスーツを着ていると、頼りないイメージが出がちです。今すぐ、持っているスーツのサイズを見直しましょう。

「最近疲れてるね」と言われた。そんなに疲れていないのに・・・

スーツを購入する前のチェックポイント自分の顔色に合わないスーツを選んでいませんか?

一口に「ネイビーのスーツ」といっても、明るい青に近いネイビーから、黒に近いネイビーまで、実に様々な色があります。

「どの色もたいして変わらない」とばかりに自分の顔色と相性の悪い色のスーツを選んでしまうと、顔色が悪く見える、目の下のクマが目立つ、雰囲気が暗く沈んで見えるなどの思わぬデメリットがあります。

部下と一緒に営業に行ったら、自分の方が部下だと思われた!

スーツを購入する前のチェックポイント

スーツの素材は、自分の立場相応の質のものを選んでいますか?

質は高ければいいというものではなく、自分の立場や仕事環境などを踏まえ、それに合ったものを選ぶ必要があります。

地位が高い人は当然それなりの質のものを選ぶべきですし、まだまだ下っ端という方は、必要以上に質の高い生地を選ぶと、すぐダメになるということも……。また、そんなに値段が高くなくても「高そうに見える生地」も実はあるんですよ。

やたらと「最近太ったんじゃない?」と指摘される

スーツを購入する前のチェックポイント太ったのに、サイズが合わなくなったスーツを無理して着ていませんか?

「一つ大きいサイズに変えたら余計太って見える」と思っていたら大間違い。細身のものを無理して着ている方がよほど体型が強調されます。 スーツのサイズの選び方を学んで買い直すか、がんばって痩せるか、いずれかを選ぶより他にありません。

実年齢よりだいぶ上に見られる

スーツを購入する前のチェックポイント流行遅れの形のスーツを着ていると、老けて見られてしまいます。

「スーツだから流行は関係ない」と思っている方は、バブル絶頂期のスーツを思い出していただければと思います。肩には厚い肩パッド、脇からすとんとまっすぐに落ちるボックスシルエット……今とは全く違う形だったと思いませんか?

それでは次の記事から、これらの悩みを解決する「スーツの選び方の基本」をお伝えしていきましょう。

文/スタイリスト・服装心理カウンセラー 久野梨沙 (株式会社フォースタイル)
久野 梨沙

執筆者
久野 梨沙(ひさの りさ)

パーソナルスタイリスト / 服装心理カウンセラー。( 社 )日本服装心理 学協会代表理事。服装心理学に基づくスタイリングの第一人者。大学 で認知心理学を研究した後、大手アパレルメーカーでの商品企画職を 経て個人向けスタイリストに。1 万件に上るスタイリング実績を元に、 精度の高いイメージコントロールをすることで定評がある。