パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

大人の女性を素敵に見せる、かわいくなりすぎない花柄コーデのお手本

花柄はかわいらしくなりすぎる・・・と苦手意識を持っているなら、大きな柄と深い色味を選んでみて。
大人っぽくかつ女性らしく着こなすことができます。
1枚で着ても素敵ですが、肩からカーディガンを掛ける着こなしをするとより旬な印象に。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

背が高くなくてもロングコートは着こなせる!

背が高くなければロングコートは着こなせない・・・そんな風に思っていませんか?
こんな風にネックレスを垂らして縦の長さを強調したり、ニットの裾をスカートに入れてウエスト位置を高くすることですっきりロングコートを着こなせます。
袖をまくり上げて、軽やかに見せるのもポイント。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

肩幅を広く見せてスタイルがよく見えるコーディネート

A型の体型のA様は、肩幅を広く見せることでも体型が整うタイプです。
このニットのような「オフショルダー」は、視線を横方向に誘導し、肩幅を広く見せてくれるデザインの一つ。
ミモレスカートと合わせればフィット&フレアの美しいバランスに仕上がります。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

ストールは体型に合わせて巻き方を変えると好バランスに

暗い色のコーデで活躍するのがストール。様々な色が入っていますがすべてAutumnタイプの色なので、巻くだけでA様の顔周りをぱっと明るく見せてくれます。
さらに巻き方は体型に合わせて一工夫を。ふんわりと巻くと華奢な肩回りにボリュームが出て、気になる下半身も相対的に細く感じさせられます。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

上半身にボリュームのあるアイテムを着ると下半身着やせにつながります

A型の体型は上半身が華奢なせいで、下半身がぽっちゃり見えてしまうタイプ。だから下半身を細く見せようと努力するより、上半身にボリュームを足した方が効果的に着やせできるのです。
お薦めは、こんなたっぷりのドレープが効いたニットカーディガン。ボトムはタイトにまとめれば、体の上半身・下半身のボリュームの差を洋服が解消して好バランスに。
パーソナルカラーがAutumnタイプのA様は、柄物は、色の明暗のコントラストがあまりなく、全体的に濃い色で構成されているものがお似合いに。
柄の形は女性らしいお顔立ちに合わせ、丸みのある有機的なものをセレクトしてなじませました。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

Autumnタイプの春のコーデは少しでも深い色を選ぶと洗練されます

春夏は淡い色のアイテムが多いシーズンなので、Autumnタイプの色を見つけづらく感じるもの。
そんなときは、無理にAutumnの色を探すより、少しでも色が深いものを選ぶようにするだけでもOKです。
例えば、ニットカーディガンも白よりベージュを。顔映りに艶が出ます。
また、A型体型の方が最も似合うスカートはフレアシルエットのものですが、柔らかい素材であればタイトスカートも着こなせます。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

スタイルUPとレイヤードの面白みが味わえるショート丈カーデ

ショート丈のカーディガンは、ウエストの位置を高く見せて脚長効果が期待できるアイテム。
重心が下がりがちなA型体型の方には特にお薦めです。
インナーのトップスの裾がカーディガンから見えるので、後ろから見ても色の重なりが面白い着こなしに。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

カーディガンもボタンの留め方一つで体型に合うコーディネートが完成

A型の体型に似合うフレアシルエットのスカートは、ミモレ丈(すね真ん中くらいの丈)を選ぶとかわいらしくなりすぎず、大人の女性らしく着こなせます。ただし重心が下がりがちなので、背が高くないA様の場合にはインナーの裾を入れて、ウエストの位置を高めに見せることがマストです。
丸首のカーディガンは一番上だけを留めると、体型と同じAのラインができます。体に服のラインをきっちり添わせることで、無駄な布の余りがなくなり、すっきりとしたシルエットに見せられるのです。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

苦手なスカートも丈と形が似合えば克服できる!

「スカートスタイルを攻略したい」というご要望があったS様。
裾広がりのシルエットが似合いづらい体型なのがスカートが苦手な原因でした。
そこですとんとしたストレートシルエットのスカートをチョイス。
トップスの丈を短く&アクセントを高い位置に持ってくることでバランスよく着こなせるようになりました!

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

同系色のアイテムでサンドイッチするとまとまりのある着こなしに

鮮やかな色のアイテムは1点だけ使おうとすると浮いて見えがち。
そんなときは、離れた位置に同系色のアイテムをもう1つ使うとまとまりが良くなります。
このコーデでは、ストールとショートブーツを同系色に。
赤の色彩心理効果を使って、S様のエネルギッシュさが伝わるプロフィール写真に仕上げました。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

カジュアルな集まりに活躍する好印象コーディネート

上半身がシンプルな色合わせのときに特に活躍するのがチェック柄のパンツ。
複数の色を取り入れるのがお似合いになるSさまにとって、1つでいくつかの色が入っている柄物は便利なアイテムです。
さらにネックレスやバッグで色を追加。
初対面の方と会うときには、できるだけカラフルにするのがS様にとっての好印象をGetする秘訣です。

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

カーディガンは留める位置でスタイルUPが叶う!

カーディガンのキルトピンを高めの位置に付け、シャツの裾をスカートにINするとスタイルがよく見えます。
スカートに苦手意識があったS様も、長め丈で似合う形のスカートに出会ったおかげで克服!