ロング&リーンなシルエットで大人のトラッドスタイル

ロング&リーンなシルエットで大人のトラッドスタイル

ケーブル編みのニット、ストライプのシャツ、ブラックウォッチのラップスカート・・・・・・と全てトラッドアイテム。
なのに子供っぽくならないのは、細く長いシルエットに仕上げているから。
さらに、袖をラフにまくりあげると程よく崩れた印象になり、普段使いしやすい着こなしに。

Summerタイプがマニッシュで大人っぽい印象にするには「くすみカラー」を投入

Summerタイプがマニッシュで大人っぽい印象にするには「くすみカラー」を投入

パーソナルカラーSummerタイプは淡いパステルカラーだけが得意だと思われがちですが、実はこのニットやボトムのように、くすみのあるグレイッシュなカラーも得意な色味。 パステルカラーはどうしても甘くなりがちですが、グレイッシュなカラーを使えば大人っぽくなり、お顔立ちが中性的な方にも似合わせやすいという利点が。V型体型ならこんな風に上下ともにボリュームのあるアイテムを合わせても、着られたような雰囲気になることなく、かっこよく決まります。重くなりすぎないよう、透明感のあるロングネックレスを合わせて。

フェミニンなデザインが苦手なら、スウェードなどワイルドな質感を味方につけて

フェミニンなデザインが苦手なら、スウェードなどワイルドな質感を味方につけて

Summerタイプの人は、光る素材が少し苦手。サテンなど艶の強い生地はボトムに選ぶようにし、このコーデのように顔に近いトップスはスウェードなど起毛した生地を選ぶと顔映りがよく見えます。
シンプルなデザインでも、スウェードライクな生地なら程よいアクセントに。
顔のタイプがマニッシュ、体型V型と中性的な要素が多いこのお客様には、花柄のスカートに緩めシルエットの Vネックプルオーバーを合わせることが、甘さを抑えて花柄スカートを自然に着こなせる要因にもなっています。

トレンドのラベンダートップスもスウェットなら甘すぎずスポーティーにも着回せる

トレンドのラベンダートップスもスウェットなら甘すぎずスポーティーにも着回せ

今年流行のラベンダーカラーのトップス。
横に広めに開いた襟ぐりと上品な色ですが、素材がスウェットなのでカジュアルコーディネートにもきれいめコーディネートにもどちらにも使いやすいアイテムになっています。
丈も短めなので、ロングスカートとの組み合わせも好バランスに。

V型体型にとっては、袖が斜めに縫い付けられた「ラグランスリーブ」は肩幅がカバーできる最適なデザイン。

カーディガンの裾をINする着こなしは、ウエストシェイプの度合いを体型に合わせると◎

カーディガンの裾をINする着こなしは、ウエストシェイプの度合いを体型に合わせると◎

今年はVネックカーディガンの裾をボトムにINする着こなしも流行中です。 特にこのチェックのスカートのようにウエスト部分にリボンなどデザインがあるボトムは、カーディガンまでINしてしまった方がデザインを生かした着こなしがで> 「カーディガンの裾をINする着こなしは、ウエストシェイプの度合いを体型に合わせると◎」の続きを読む

濃い色のボーダーは細いものを選ぶのが似合わせるポイント

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

淡い色が似合うH様は、濃い色のボーダーカットソーを着こなすのに工夫が必要。
できるだけ細いボーダーを選んだ方がお顔まわりになじんで自然な印象になります。
肩の縫い目が下にある「ドロップショルダー」は肩幅の広さを緩和して、全身バランスをよく見せる効果アリ。

デートに活躍するのはナチュラルショルダーのリネンジャケット

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

デートでレストランに行くときなど、何かとあると便利なのがジャケット。
H様の体型では、肩パッドがしっかり入ったジャケットは体になじまず堅苦しい印象になってしまいます。
そこで肩パッドも裏地もない1枚仕立てのジャケットをセレクト。シャツを羽織る感覚で気軽に活用できます。

リネンシャツをラフに羽織る大人のメンズカジュアル

パーソナルスタイリストfor*styleコーデ事例

骨格と肌の質感から、堅い質感が調和するタイプのH様。リネン(麻)素材のシャツは特にお似合いになりやすいアイテムです。
ただ普通に着るよりも、前を開けて袖をロールアップしたラフな着こなしの方が、親しみやすい印象になりH様のキャラクターが活かせます。