スタイリング実例

メールで受講!ファッションレッスン
メディア掲載
risaプロフィール
大手アパレルメーカーで年間売上総額60 億円に上るアパレル商品を手掛けた経験と、 心理カウンセラーとしての知識を活かし、独自の「内面の魅力を引き出すパーソナルスタイリング」を生み出しました。All About「レディースファッション」ガイドなどファッションライター、セミナー講師としても活躍中。
お申込み/お問い合わせ03-6416-9196
blog

T様(30代男性)のファッションコーディネート実例

独立起業を控えたT様のファッションのお悩み

個人向けのビジネスで独立起業を予定されているT様。会社勤務の今までのようなビジネススーツではなく、もっと適したファッションがあるのではないかと考え、スタイリストに依頼することを決めました。

今まではファッションにあまり関心がなかったのですが、今後は第一印象が非常に重要になるため、改善していきたい。それも、ただ単におしゃれになるだけでなく、内面のキャラクターも活かしたファッションがわかるということにメリットを感じ、フォースタイルを選んで下さったそうです。

T様(30代男性)のファッションコーディネート実例
T様(30代男性)のファッションコーディネート実例
T様(30代男性)のファッションコーディネート実例 T様(30代男性)のファッションコーディネート実例

お客様の外見分析結果

目元を中心に丸みがある要素が多いT様は、温かみのある印象を与える「Warm」傾向が強く、また、顔のパーツの配置が大人っぽい印象を強める「Hard」傾向もお持ちでした。また、がっしりとした体格も、落ち着きある印象を強めています。相談しやすい雰囲気で、独立起業して始める個人向けビジネスにもぴったりの雰囲気です。

ただ、T様が目指しているのは親しみやすいだけでなく、プロとしての知的さや個性も兼ね備えたイメージでした。スタイリング前は全体的に「静」の印象が強かったため、ここに「動」の印象が加わるように、スタイリングで強さと明るさを加える必要がありました。

お客様の内面分析結果

内面分析結果を見てみると、「抑制の心」が圧倒的に低いため、自分の考えたことをまっすぐ押し通せる強さをお持ちだということがわかります。お顔立ちから感じられる雰囲気よりも、芯の強い男らしいタイプでいらっしゃるようです。

一方、最も高いのは「冷静な心」だったことから、非常に合理的でクールな考え方の持ち主であるということも見えてきました。単にカジュアルスタイルに着替えるだけでは、ぱっと見の優しい印象だけが強まってしまい、こういった本来のクールさや強さが表れない危険性があります。

そこで今回は、クールさや知的さを表現できるカジュアルスタイルと、エネルギーを感じさせるようなカジュアルスタイルをご提案しました。

また、合理的な性格のT様にとっては、ファッションにも効率の良さが重要。そこで、コストパフォーマンスの高いブランドや、着まわしの効く最低限のワードローブの作り方をお教えすることもテーマに掲げました。
コーディネートのポイント

講師など、人前に立つシーンではニットのテーラード型カーディガンを使ったスタイリングを。柔らかい素材ががっちりとした胸回りを自然に包み込み、威圧感を与えません。色はブルーのグラデーションでまとめ、知的でクールなイメージを強めています。

一対一でクライアントと会うようなシーンでは、柄を取り入れて動きを加え、アクティブな印象に。ここでもベースカラーはブルーですが、赤や黄色をアクセントカラーに取り入れ、明るく見せています。袖をまくったり裾をロールアップしたりといった小技も、スタイルUPに一役買っています。

麻やコットンといったさらっとした質感で統一し、どう組み合わせても相性良くまとまるようなセレクトで、起業にむけ、着まわし力の高いワードローブが揃いました。

独立起業に向けたファッションコーディネートアイテム

T様のコーディネートアイテム